■法政大vs立教大1回戦
法大 000000002=2
立大 00400000X=4
【法】●鈴木、古屋敷、落合-大柿、渡邉、後藤
【立】中崎、○中川、宮海、栗尾-竹葉
本塁打:三井(3回3ラン)

◎法大・青木久典監督
「明日で僕が最後だということも選手たちも分かっているので“勝たなければいけない”と思っているでしょうが、勝ち負けよりもスローガンに『和』を掲げていますので、その力を結集してやってくれればと思います」

◎法大・鈴木昭汰(4年・常総学院)
「ボールが高く浮いてしまいました。いつもと同じ気持ちで投げましたが力不足です。法政の勝利に貢献したいという思いでしたが、今日の投球は情けなく不甲斐ないです」

◎立大・三井健右(4年・大阪桐蔭)
「ホームランは芯で当たり、いい風にも乗ってくれました。打撃については2、3週間悩んでいましたが、良い時と悪い時の違いが分かったので、それを追求してきました」

◎立大・中川颯(4年・桐光学園)
「(ドラフトが終わり)解放されたような気持ちで投げることができました。しっかり脱力して今までやってきたことを出そうと思いました。悔い残らぬよう戦い抜くとやってきましたので、それを明日も体現できるようにしたいです」