フレッシュなメンバーで臨む対戦に

2月23日、公益財団法人日本テニス協会は、3月5日(金)・6日(土)に、パキスタンのイスラマバードで行われる2021 デビスカップ by Rakuten ワールドグループ1部「日本対パキスタン」に出場する日本代表選手を発表した。
メンバーは以下のとおり。4名の選手が初選出とフレッシュなメンバーとなっている。

・綿貫陽介(日清食品) 
・内田海智(富士薬品)※初選出
・清水悠太(三菱電機) ※初選出
・望月慎太郎(Team YUKA) ※初選出
・上杉海斗(江崎グリコ) ※初選出

・監督:岩渕 聡(公益財団法人 日本テニス協会) 

<初選出された選手の言葉>
内田海智
「今まで日本代表が国を背負って戦う姿は、何度も見てきました。その大会に出場できることを、すごく楽しみにしています。日本代表として戦うことは、これからの自分のキャリアに大きな意味をもたらしてくれると思います。今回のメンバーは平均年齢が若く、自分が最年長。選んでいただいたことに自信を持ち、チームでお互いのために一生懸命プレーして、勝利を狙いたいと思います」

清水悠太
「今回はトップ選手が不在の中、選んでいただいた意味を理解し、プレーする機会があれば、日本代表として恥ずかしくないよう、全力で頑張りたいと思います! 応援のほど、よろしくお願いいたします」

望月慎太郎
「まずは、デビスカップ日本代表に選ばれて、とてもうれしく思います。試合に出られることがあれば、全力でチームの勝利に貢献できるよう尽くし、出られないときは、チームのサポートを全力でしたいと思っています。日本代表のチームとして戦うことがとても好きなので、チーム一丸となって頑張ります」

上杉 海斗
「代表選手になることは、自分にとって 1 番の目標でした。大学出身の選手として、団体戦には思い入れがあり、最高の舞台で代表になれることを本当に誇りに思います。ここで活躍することは、今の日本の大学テニス界にとっても、良い影響になると思っています。応援よろしくお願いいたします」

大会名:2021 デビスカップ by Rakuten (Davis Cup by Rakuten)ワールドグループ1部 「日本 対 パキスタン」
開催日程:2021年3月5日(金)~3月6日(土)
会場:パキスタン・スポーツ・コンプレックス(パキスタン・イスラマバード)
サーフェス:アウトドア常設天然芝コート
ボール:Dunlop Fort All Courts (Type 2) made in Philippines
試合開始時間: [第1日]3月5日(金) 11:00~(日本時間15:00~) シングルス2試合 [第2日]3月6日(土) 11:00~(日本時間15:00~) ダブルス1試合・シングルス2試合
※ルールにより第 2 日は、試合数ならびに試合形式が変更となる場合あり