2008年から3大会連続で五輪出場を果たす“競泳界のプリンス”・入江陵介選手に独占インタビュー。入江に切り込むのは、
番組初MCの元競泳日本代表・寺川綾さん。ともにロンドン五輪を戦ったふたりならではのトークは必見!その模様を4回に分けてお送りする。

 

「もう一度イチからやってみたい」

16年のリオ五輪後、引退も考えたという入江陵介選手。東京五輪を前に現役続行を選んだ彼が、リスタートの地として選んだのは、競泳大国・アメリカ!毎日パニック!?だったアメリカ生活を、赤裸々に語ってくれた!

 

★★★プレゼントキャンペーン実施中★★★

【直筆サイン入り!!】
入江選手初の著書「それでも、僕は泳ぎ続ける。心を腐らせない54の習慣」(発売:2020/9/17 出版社:KADOKAWA)を5名様にプレゼントします!
詳しくは、スポーツブルの公式Twitterをチェック!

 

■入江陵介(いりえ・りょうすけ)1990年1月24日生まれ。大阪府出身。0歳から水泳を始め、小学校2年生からイトマンスイミングスクールに通い早くも頭角を現す。18歳で初出場した北京五輪では200m背泳ぎで5位入賞。その後、ロンドン五輪では100m背泳ぎで銅メダル、200m背泳ぎと400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。リオ五輪では入賞という結果で終わり、一時は引退も考えたが、もう一度五輪の舞台を目指すことを決意。31歳で迎える東京五輪では、“バランス王子”と愛称がつくほど美しいフォームとアメリカで積んだ経験を武器に、4大会目の五輪出場とメダル獲得を狙う。

- 入江陵介 公式ファンアプリ「 IRIE SWIM TEAM 」-
アスリートとしての姿だけでなく、素の入江選手を知ることができるコンテンツとなっており、 今後は入江選手が参加するイベントの開催や、水泳教室など幅広く企画し情報を掲載していく予定です。
ダウンロードはこちら

■寺川綾(てらかわ・あや)1984年11月12日生まれ。大阪府出身。3歳から水泳を始め、高校2年生で世界水泳選手権に初出場。以降、アテネ五輪・ロンドン五輪と2大会出場。入江選手とともに日本代表となったロンドン五輪では、100m背泳ぎ・400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。2013年12月に現役を引退、その後はスポーツキャスターを始め、多方面で活躍を見せている。

 

スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら
Androidはこちら