■東京大vs慶應義塾大
東大 000 000 000=0
慶大 210 000 00X=3
【東】●井澤、横山、小宗-大音
【慶】〇木澤、小林綾、生井-福井
本塁打:慶應義塾大・廣瀬《1回2ラン》

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「木澤は要所要所をしっかりと投げ込んだというところに一番の収穫があると思います。なかなか相手を0点に抑えるのは非常に難しいことだと思いますので、本当によく投げたと思います。バッテリーで東大のデータをしっかり分析していましたので、よく投げましたしよくリードしました。
廣瀬はオープン戦でものすごく結果を出していました。思い切りのいいバッティングをしてもらえるという期待を込めました」
◎慶應義塾大・木澤尚文(4年・慶應)
「正樹のバックホームもありましたし、0に抑えられたのは収穫です。個人の成績やドラフトは後からついてくると思うので、今日のように内容がなかなかついてこなくても、しっかり0で抑えるというところで優勝に貢献していきたいと思います。
春のリーグ戦が終わったところでしっかり反省して、課題はつぶして入れたかなと思います。課題はランナーを出してから粘り切れないところがあったので、内容自体はよくなかったですけど、ランナーを出してからの粘りというのは春の課題を今日は生かせたのかなと思うので、福井(章吾・捕手)に本当に感謝しています。(粘れた要因は)欲を出さなかった。結果的に三振を取れた場面もありましたけど、アウトの取り方として多少いい当たりでも狙った方向に打たせられればいいかなと余裕を持ちながらマウンドに立てました。でもまだまだ満足していないので、この2ヶ月で調整に入らず、レベルアップして戦い抜いていきたいと思います。」
◎慶應義塾大・廣瀬隆太(1年・慶應)
「(スタメンは)今朝言われました。リーグ戦初スタメンで緊張した部分もあったんですけど、それが逆に開き直れました。レフトくらいかと思ったんですけど、伸びてくれてよかったです。しっかり自分のスイングができたのでホームランになったと思います。まだまだへたくそなので、1日1日練習して次の試合までにレベルアップしたいです」

◎東京大・井手峻監督
「もう一押し。いい方向では来ていると思いますが、木澤くんもいいピッチングをしていました。6回くらいまで何とか抑えてこちらが1点2点といけば後半の勝負になるなと思っていました。井澤は普段のピッチングをしていましたが、たまたま失投をやられただけ」
◎東京大・井澤駿介(2年・札幌南)
「前回は序盤であたふたして点をやってしまったので、今日は入りをしっかりして先制点を与えないという意識でしたが、足場が気になって、球が甘くいったところを打たれてしまいました」