【明治安田生命J1リーグ第18節】

2020年9月23日(水)

19:30キックオフ

清水エスパルス(16位/12pt) vs 浦和レッズ(8位/27pt)

[IAIスタジアム日本平]

◆やっと止めた連敗、勢いに乗れるか【清水エスパルス】

前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦。“裏天王山”として、下位同士の対決となったが、0-3で快勝を収めた。連敗をストップするとともに、J1通算400勝もやっと達成した清水。この勝利を足掛かりに、勢いに乗りたいところだ。

今シーズンからピーター・クラモフスキー監督が就任し、攻撃に比重を置いたサッカーを展開。攻撃のパターンが増え、相手のゴールに迫る回数も増えていたが、フィニッシュの精度の低さに悩んでいた。

しかし、3バック、2トップの[3-5-2]とシステムを変えたことで大きく改善。守備陣が安定したことに加え、得点力を取り戻せそうな予感を感じさせた。

今節は難敵の浦和が相手だが、しっかりと守備を構築した上でゴールを決められるか。2013年以来勝利がない鬼門である浦和に勝利し、勢いをつけたい。

★予想スタメン[4-3-3]

GK:大久保択生

DF:ヴァウド、立田悠悟、ヘナト・アウグスト

MF:金子翔太、竹内涼、西澤健太

MF:後藤優介、中村慶太

FW:7カルリーニョス・ジュニオ、ジュニオール・ドゥトラ

監督:ピーター・クラモフスキー

◆首位相手に完敗、それでも前を向く【浦和レッズ】

前節は首位の川崎フロンターレに真っ向勝負を挑んだが、完全に力負け。試合の入りこそ悪くなかったが、技術の差で先制ゴールを許すと防戦が続いた。

前々節の北海道コンサドーレ札幌戦は、リードから逆転を許し、土壇場で勝利というシーソーゲームを展開したが、川崎F戦ではクオリティの差を痛感させられ、追いつくどころか、ゴールすら許されなかった。

今シーズンは連勝も連敗も少ない出入りの激しい試合をしているが、ここで肩を落として連敗するわけにはいかない。団子状態の中位から脱却するためには、しっかりと下位相手に取りこぼさないこと。すぐに試合がやってくるため、連敗は避けなければいけない。

大きく戦い方を変える必要はないが、やはり自信を掴む事が大事。良い流れの時間帯でしっかりと得点を奪えるかが白星への近道だろう。

★予想スタメン[4-4-2]

GK:西川周作

DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔

MF:マルティノス、青木拓矢、柴戸海、関根貴大

FW:興梠慎三、レオナルド

監督:大槻毅