テニスの世界ランキング8位、23歳のベリンダ・ベンチッチ(スイス)は、ここ数週間エキシビション大会でレベルの高いプレーを見せている。大坂なおみ(日本/日清食品)の同世代ライバルの一人でもあるベンチッチの近況を米テニスメディアBaselineが報じた。【実際の写真】美しい湖畔で泳ぐベンチッチ

スイスのトップ選手であるベンチッチは、先日国内で行われた「プロカップ」に出場。シングルスではジル・タイヒマン(スイス)にストレート勝利を挙げたが、シュテファニー・フェーゲレ(スイス)と組んだダブルスではタイヒマン/ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)組に、マッチタイブレークの末に敗れた。

その後ベンチッチは、スイスの山々に囲まれたゼーアルプ湖畔で休暇を楽しんだ。絵葉書のように美しい湖畔でハイキングする写真や、ビキニ姿でトゥール川で水浴する写真をInstagramにアップしている。

現在のところ、ベンチッチはWTA再開2戦目となる「プラハ・オープン」(チェコ・プラハ/8月10日~16日/クレーコート)に出場予定だ。約5ヶ月の中断の後、WTA再開の初戦は「パレルモ・オープン」(イタリア・パレルモ/8月3日~8月9日/クレーコート)となっている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2020年「カタール・トータル・オープン」でのベンチッチ                                                              (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)