DeNAは6試合中5試合で2桁安打、5勝1敗と好調

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて6月19日に開幕したプロ野球。開幕3連戦を終え、23日からは6連戦がスタートした。パ・リーグ球団は未知の同一カード6連戦が始まり、まず最初のカードを終えた。

 そこで6月23日から6月28日までの各球団の選手成績を検証。2020年のプロ野球第2週の週間ベストナインをFull-Count編集部独自に選出した。まずはセ・リーグ編だ。

【セ・リーグ第2週】
1 DeNA 5勝1敗0分
2 巨人 3勝2敗1分
2 広島 3勝2敗1分
4 ヤクルト 3勝3敗0分
5 阪神 2勝4敗0分
6 中日 1勝5敗0分

 セ・リーグはDeNAが5勝1敗と白星を数多く積み重ね、3勝2敗1分の巨人、広島が続いた。中日は1勝5敗、阪神が2勝4敗と苦戦する1週間となった。

【セ週間ベストナイン】
先発 大瀬良大地(広島)
救援 デラロサ(巨人)
捕手 該当者なし
一塁 堂林翔太(広島)
二塁 ソト(DeNA)
三塁 岡本和真(巨人)
遊撃 田中広輔(広島)
左翼 佐野恵太(DeNA)
中堅 梶谷隆幸(DeNA)
右翼 オースティン(DeNA)

 23日から28日の1週間で特に活躍が光ったのは、やはり5勝をマークしたDeNA勢だ。その中でも右肘の張りで開幕3試合でスタメンから外れたオースティンは打率.480、2本塁打と活躍。好調な打線を牽引し、この週の週間MVPと言って過言ではないだろう。

DeNA宮崎も打率.478、巨人岡本とハイレベルな争いだった三塁手

 オースティンのほか、開幕から9試合連続安打とした佐野とソトが週間打率.409、リードオフマンの梶谷が.375と、軒並み高い打率を残した。チーム自体も6試合のうち5試合で2桁安打以上と、活発な打線が好調なチーム状態を支えている。

 DeNAで言えば、三塁の宮崎も打率.478をマークしている。だが、同じ三塁では巨人の岡本も打率.462と好調。リーグトップタイの3本塁打を放っていることもあり、岡本をベストナインに選出した。

 巨人と並び、週間2位タイだった広島からは野手では堂林と田中の活躍が目についた。現在、8番で起用されている田中だが、この第2週は18打数7安打2本塁打6打点、打率.389と好成績。28日の中日戦では3ランを含む3安打4打点と暴れた。堂林は6試合中4試合でしかスタメン起用されていないが、16打数8安打2本塁打4打点、打率.500と覚醒の予感を漂わせている。

 捕手は目立った活躍を見せた選手がおらず、該当者なしに。広島はまだ會澤が本調子ではなく、その他の球団は捕手は併用となっている。その中で巨人の炭谷が打率.333を残しているが、出場は3試合だけと、決定打には欠ける。

 最後に投手だ。先発では2試合連続完投勝利を飾った広島の大瀬良を選ぶ。開幕が遅れ、難しい調整を強いられながら、2試合連続で1失点完投は素晴らしいの一言。9回途中無失点だったDeNAの浜口や、8回無失点だったDeNAの今永も素晴らしいピッチングだったが、大瀬良を選出した。

 リリーフは3試合に登板して無失点と結果を残した巨人の守護神デラロサに。3試合で無失点、そして2セーブ1ホールドをマークし、チームに貢献した。DeNAのパットンも3試合を投げて無失点。24日の中日戦では回を跨ぎ、1回1/3を完璧に封じ込んでいた。(Full-Count編集部)