元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんは6月5日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新。前回のボイス「34歳で引退。最初にしたことは…」に続いて引退直後に取り組んだことを紹介した。

■杉山愛「ウィッシュリストの力」の音声は【こちら】から。

1番最初にしたことは「自分と向き合うために書き出す作業をした」といい、第2の人生を切り開くために「やりたいことを書き出していくウィッシュリスト作りを始めた」と話した。日本人はやらなければならないというtodoリストを作るのは得意だが、「そうではなくて、やりたい内容を見ているだけでワクワクするようなリスト作り」と方向性を示し、「身近なことからライフプラン、夢や目標を思い付いたら書けばいいだけのこと」とやり方を説明した。「無理だなあとか思わず、思い付いたらとりあえず書くことが大事」とし、「月旅行に行きたいなとかいった壮大な夢であっても、やってみたいと思ったらとりあえず書いてみる」。書いていく中でしっくりこないと思うこともあるので「そこは躊躇なく消していって、今の自分が何を求めているのかを正直になってリストに落としていく」とアドバイスした。「向き合ってみると意外と見えてくるものもあるので是非みなさんにもやってほしい」と呼び掛けている。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net