本来なら東京六大学春季リーグの開幕日であった4月11日。試合は延期となりましたが、慶應スポーツでは開幕前取材を行い、慶大野球部の選手の様子をお届けします。

第4回は正木智也選手(政3・慶應)(以下正木)、橋本典之選手(環3・出雲)(以下橋本典)、福井章吾選手(環3・大阪桐蔭)(以下福井)にお話を伺いました。

慶大の優勝に欠かせない存在になるだろう

 

--まずはお互いに他己紹介をお願いします

福井:正木は右投げ右打ちの外野手で、今年から4番を任されて、打席に立った時に信頼感があると言うか、身体も一回り大きくなって、今年は去年よりもチャンスで打ってくれるだろうと期待しているバッターです。

正木:(橋本)典之はみんなに愛されるキャラと言うか、先輩・後輩・同級生みんなから慕われる感じのキャラです。でも、野球面では身体能力がすごくて、背は小さいんですけど、打球を飛ばす能力はとてもあって、肩も抜群ですし、足も速いという三拍子揃った選手だと思います。

橋本典:福井は野球面だけでなく私生活でもリーダーシップを発揮してくれて、寮生活含め日々感謝しています。野球面では、毎試合必ずヒット1本は打つようなコンスタントな打撃が持ち味で、今シーズンこそ期待の選手です。

 

ーーお互いを一言で表すとどんな人ですか

福井:正木は「マイペース」です(笑)

正木:(橋本)典之は「宇宙人」ですかね

橋本典:福井は「お父さん」ですね

 

--昨季を振り返って良かったところは

福井:秋はスタメンで試合に出れたことはもちろん良かったんですけど、試合に出ていないときでもブルペンでの準備だったり、代打での準備だったり、色んな部分で勝利に貢献できたところです。

正木:秋の前半戦は結構いい感じに波に乗れて東大戦・立教戦と調子が良くて、リーグ戦の入りは難しい中、いい感じにリーグ戦に入れたっていうのが良かったところです。あとは守備で大きなミスをしなかったところですかね。

橋本典:春も秋も代打で試合に出させてもらうことが多かったんですけど、春に比べて秋は自分が納得のいく準備ができて、それが結果につながって優勝に貢献できたところです。自分にとって大きな自信にもなりました。

 

--昨季を振り返って改善したいと思ったところは

橋本典:代打で試合に出させてもらうことが多かったということは、バッティング以外での弱点がやっぱりあったのかなって思っているので、バッティング以外の部分を底上げしていきたいなと思っています。

正木:前半戦は良かったんですが、後半戦になるにつれて調子を落としてしまって、リーグ戦を通して調子を維持できなかったというところと、終盤になるにつれて守備で交代させられることが多かったので、今年はそういうことがないように守備にも力を入れて取り組んでいきたいなと思っています。

福井:ポジションが秋から変わったので、守備面ではなく打撃面での”チャンスでの1本”というものを大事に、今年は「得点圏打率」にとことんこだわっていきたいと思います。

明大2回戦でのサヨナラ打など、代打で期待に応えた橋本典

 

 

--大久保秀昭前監督から教わったことは

福井:野球だけではなくて、リーダーシップであったり組織のマネジメントであったりをたくさん教えていただき、人として多くのことを学ばせていただきました。

正木:野球の技術面だけではなくて、試合の中で当たり前のことを当たり前にやるとか徹底することは徹底するとか、そういう細かい部分が試合での勝ちにつながると言うか、そういう部分が勝利への近道なんだということを知れたことが大きかったです。

橋本典:試合の結果に左右されない所作と言うか、例えばチャンスの場面で三振した後にもしっかりとした立ち振る舞いをすることが大事だと言うことを学ばせていただきました。

 

--堀井哲也新監督が就任されました、どんなことをお話されましたか

正木:秋は明治神宮大会まで調子があまり戻らなくて、その中でバッティングに悩んでいた時に、堀井新監督とお話しする機会が増えて、その中でバッティングに対する考え方がガラッと変わって、調子を戻す兆しが見えたのですごく印象に残っています。

橋本典:僕も主にバッティングのことで、今まで出会った方々の中で一番細かく見て下さりました。

福井:僕はキャッチャーをやっているので、ポジショニングであったり配球であったり駆け引きであったり、本当にたくさんのことを堀井新監督に教えてもらっている状態で、野球のことをたくさんお話して、キャッチャーとしての引き出しを増やしてもらっています。

 

--この冬、特に取り組んできたことはありますか

福井:全員ほぼ同じなんですけど、監督もトレーナーさんも変わったので、去年以上にウエイトトレーニングに打ち込める環境になったからこそ、筋力アップ・パワーアップに取り組んでいます。

正木:上半身下半身どっちも鍛えているんですけど、それによって3人とも身体が大きくなって、飛距離が長くなるとか野球につながる部分の実感が増えて、それが春のリーグ戦にどうつながるのかっていうのがとても楽しみです。

 

--アメリカキャンプで得たものは

橋本典:日本の環境と違って、アメリカの野球は1対1の勝負というか、そこを楽しんだり本気でやったりするっていう部分ではいい経験になったと思います。

正木:アメリカの大学の強いチームとかメジャーの球団のマイナーリーガーたちとかと戦ったりして、力の差を感じたというか、相手のピッチャーの球はすごく速いですし、打席の中でレベルの差を痛感した場面が多くて、もっと自分の実力を伸ばさないと上の舞台には立てないなという気持ちにすごくなりました。

福井:アメリカキャンプの試合では自分自身思ったような結果が出せなくて、環境が変わった時に力が出せない自分の弱さっていうのを痛感できたので、いかなる状況に置かれても自分の力を発揮するための準備の大切さを学べました。

 

--冬のオフ期間に新たに得たご自身の強みは

正木:去年の反省を活かして、自分のバッティングを作っていく中でこれをやればあまり調子を崩さないだろうというのを少し見つけられたと思うので、それを春のリーグ戦2ヶ月という長い期間に活かせるのではないかなと思っています。

福井:キャッチャーはゲームメイクする部分もありますし、チームを動かすという部分でも去年よりリーダーシップを前面に出してやれてるんじゃないのかなって思っています。この春は3年生ですけども、チームを引っ張っていくんだっていう気持ちでチームの要としてやっていきたいなと思っています。

橋本典:僕は去年の秋に自分の中でいい成績残せたんですけど、今年必ずレギュラーになれるかはわからないので、去年の秋の経験を活かしてスタメンでも、途中出場でも100%の力を出してチームの勝利に貢献したいなと考えています。

捕手として試合をつくれるか

 

 

--理想の上級生像は

福井:僕は木澤さん(尚文=商4・慶應)です。バッテリーを組むことが多くて、アメリカキャンプで僕が苦しんでいる時に色々声をかけて下さったり、自分のことだけじゃなくて後輩のこともすごく見ていて、上級生として非常に尊敬していますし、見習いたいなと思っています。

正木:僕は郡司さん(裕也=R2環卒・現中日)です。もちろんキャプテンとして、去年チームを日本一に導いたっていうのもすごいですし、去年の4番打者としてチャンスでの一打であったり、キャッチャーとして大事な試合でのリードであったり、いろいろな部分でチームにすごく貢献していて、チームの中で郡司さんに回せばなんとかしてくれるっていう思いがありました。そんな郡司さんを一昨年から見ていて、そういう4番打者になりたいなとずっと思っていましたし、今年から僕が4番になると思うので、郡司さんに追いついて追い越せるようなバッターになりたいなと思います。

橋本典:僕は柳町さん(達=R2商卒・現福岡ソフトバンク)です。部屋が同じで一緒に過ごさせてもらって、公私ともにいろいろ勉強させてもらいました。バッティングのことも多くのことを教わりましたし、走攻守三拍子揃った素晴らしい選手なので、そんな柳町さんに追いついて追い越せるような選手になりたいなと思います。

 

--主将も監督も変わりました、現在のチームの雰囲気は

福井:180度チームが大きく変わって、今は今ですし、去年は去年なんですが、練習試合やオープン戦で勝ちを重ねられていることを考えると、いい状態で準備できてるんじゃないかなっていうのはありますけど、まだまだ環境の変化に対して対応しきれていない部分もあるので、もっともっと改善すべき部分があるんじゃないかなと思います。

 

--新型コロナウイルスの影響は

正木:練習試合が多く組まれていたんですけど、社会人対抗戦も含めて多くが中止になりました。特に4月の序盤に強いチームとの試合が多く組まれていて、そこで自分たちのチーム状態を確認できるはずだったのにできなくなってしまったので、ここからリーグ戦に向けてどうやってチーム状態を上げていくかということが難しくなったのかなと思います。

--今年のキーマンは誰だと思いますか

正木:僕は若林(将平=環3・履正社)だと思います。若林が今年からスタメンで出ることが多くなって、チームの中で主軸を任せられると思うので、チャンスで打席が回ってくす機会も増えると思います。練習試合でもチャンスで若林が1本打ってそれが決勝点となって勝った試合もありましたし、若林の活躍がチームの勝敗に関わってくるのかなと思います。

福井:僕は木澤さんだと思います。キャッチャーとして見ても、木澤さんの実力は頭一つ抜けていると言っても言い過ぎではないです。木澤さんがしっかりと押さえれば勢いがついて良い流れになると思うので、木澤さんのピッチングが今年の春は大事なんじゃないかと思います。

橋本典:僕は瀬戸西さん(純=政4・慶應)だと思います。特に瀬戸西さんの打撃にかかっているんじゃないかと思っていて、堀井新監督の指導もあって瀬戸西さんの打撃は好調ですし、それを維持できればリーグ戦もいい形で迎えられるんじゃないかなと思います。

正木は今季から4番を務める

 

 

--昨年のドラフトで慶大から4人もの選手が指名されました。ご自身の将来についてはいかがですか

橋本典:僕は野球を続けたくて、プロ野球を目指してやっていこうかなと思っているんですけど、ダメなら社会人で野球を続けていこうかなと思います。

正木:僕も野球を続ける方向で、大学からプロを目指しています。去年の4人の先輩方のように、プロに行けるように頑張りたいなと思います。

福井:僕は野球をもちろん続けるんですけど、プロ野球よりも社会人でっていう風に考えていて、社会人で長く野球を続けたいなと考えています。

 

--今季の個人目標は

福井:まずキャッチャーのスタメンとして試合に出続けることです。郡司さんがキャッチャーとして勝ち点4を積み重ねられてきたんですけど、それを上回る勝ち点5を取れるキャッチャーになりたいと思います。打撃面では「毎試合ヒット1本」を大きなテーマに、先ほども言いましたけど得点圏打率にもこだわって打点10以上が目標です。

正木:僕は今年は「3」という数字にこだわりたいと思っていて、打率.333以上でホームラン3本以上っていうのを目標に掲げています。まだ1リーグでホームラン2本までしか打ったことないので、それを超える3本以上っていうのと、あとは福井と同じように打点10以上が目標です。

橋本典:僕はスタメンもあると思うんですけど途中出場もあると思うので、代打成功率7割以上、得点圏打率.500以上を目標に頑張ります。

 

--ファンの方に向けて一言お願いします

正木:去年日本一になりましたけど、まだまだ自分たちは成長できると思っていますし、去年は4年生の力があってこその優勝だと思っているので、それに続いてリーグ戦連覇・日本一になれるように頑張っていくので応援よろしくお願いします!

橋本典:コロナウイルスで大変な状況になって、なかなか球場に足を運んでいただけないかもしれないんですが、携帯とかSNSとかで僕らの試合を楽しんでいただけたらなと思います。優勝目指して頑張ります!

福井:野球というスポーツを通して日本を元気づけたいという思いと、個人的には勝負の年だと思っているので「郡司さんがいなくなったから慶應勝てない」と言われないようなキャッチャーになりたいと思っています。応援よろしくお願いします!

ーーありがとうございました!

(この取材は3月31日にオンラインで実施しました。)

(取材:隅田一)