『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第24回●水を捉える感覚を掴むためのドリル(第23回はこちら>>)



トップス:テックシールドジャケット/パンツ:テックシールドパンツ/水着:エクサースーツミディアムカット、アクアフィットネス用セパレーツ(ミズノ)

●手の動きを分けて練習し、水を捉える技術を磨く

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、今年5月に開催されるホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第24回は、水を捉える感覚を掴むためのドリルを学びます。

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、スイムのドリルをいくつか紹介したいと思います。このレッスンの第5回で「スカーリング」という動きを学びましたが、覚えていますか?

傳谷英里香(以下:傳谷)水を捉える手の動きですね。

中島コーチ そうです。両手で渦を作り、水を捉える感覚を掴んでもらいました。その際に、肘を立てること、水を最後まで押すことなどを説明したと思うのですが、そのすべての動きを一気に向上させるのは難しいですよね。なので、一連の動きを分けて集中的にトレーニングする方法を覚えましょう。

傳谷 よろしくお願いします!

中島コーチ では、水に入る前に陸上で動きを確認します。前にスカーリングをやった際は、肘を固定した状態で手を横に動かし、水の抵抗を感じてもらいました。これを少し変化させて、自分の体の方向に抱え込む動作にしていきます。まずは両手でやりますが、常に指先をプールの底に向けたまま肘を動かすことを意識してください。目の前にあるものをかき込むようなイメージで、徐々に左右交互に動かすようにしていきましょう。

傳谷 犬かきのような動きですね。

中島コーチ まさに、「ドッグスイム」というドリルです。もうひとつ、水を最後まで押す動きも確認しましょう。肘を上げて、親指が太ももの付け根に当たるまでぐっと押します。水中でやる際には、押した水が自分の足に当たるくらいにしっかりと押してください。動きを確認できたら、水の中でやってみましょう。

傳谷 わかりました!(水中でふたつのドリルを行なう)

中島コーチ 実際に手の動きを分けたドリルをやってみていかがでしたか?

傳谷 動きを分けてやることで、どこで水を捉えて進んでいるのかがよくわかりました。

中島コーチ こういった動きを分けたドリル練習をすることで、ひとつひとつの動きをしっかり意識することができ、上達が早くなります。長い距離を泳ぐことも大切ですが、時にはテクニックを向上させる練習も入れていきましょう。

傳谷 さまざまなドリルを行なうことで泳ぎが向上するんですね。これからの練習に取り入れていきます!

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。現在は女優として、さまざまなジャンルに挑戦中。
2019年より、TBS『炎の体育会TV』にレギュラー出演中。その他、TBS『世界ふしぎ発見』ではミステリーハンターとして出演。同年4月には舞台「新・罪と罰」(東京芸術劇場)、8月には”体感型”ミュージカル「Fumiko」で舞台初主演。ABC「ランウェイ24」では、CA役として連ドラ初出演を果たしている。2020年4月クール新土曜ドラマ、日本テレビ「未満警察~ミッドナイトランナー~」に警察学校学生役としてレギュラー出演決定。■公式Instagram ■公式Twitter

斎藤信隆、本間敢●ディレクター directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
竹下権優、板垣優天、江口裕祐●ムービー撮影 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノ、Specialized、湘南ベルマーレサイクルステーション(SBC)、SWANS、Kabuto取材協力:東急スポーツオアシス武蔵小杉24Plus