ヴィッセル神戸インタビュー特集(4)
FWドウグラス

 昨季のJ1王者、横浜F・マリノスと対戦した富士ゼロックススーパーカップ。前半27分にドウグラス(清水エスパルス→)が決めた先制点は、彼にとって移籍後初ゴールであり、ヴィッセル神戸の今シーズン公式戦初ゴールとなった。

 アンドレス・イニエスタからの絶妙なスルーパスから生まれた一撃。思えば、今シーズンの練習初日、イニエスタとの連係について、ドウグラスが語っていたとおりのものだった。

「イニエスタは、世界的なトップレベルの選手。彼はおそらく、周りの選手すべての動きが見えていると思う。ならば、自分たちが正しい動きをすれば、必ずボールは出てくるはずなので、連係には何の不安もありません。タイミングさえ合えば、いつだっていいパスが彼から来て、それは得点チャンスにつながると思っています」

 もっとも、イニエスタのパスも超一流なら、ドウグラスの一発も超一流だ。オフサイドにならないように、相手DFラインを見極めながら、瞬間的にゴール前に抜け出し、迫り来る相手DFのマークをものともせず、右のゴールポストへ、角度のないところから左足を振り抜いた。

 日本でのキャリアは、ヴィッセルで5クラブ目を数える。今回の移籍は、大きく分けて3つの理由によって決断した。

「長い時間をかけて成長するための、計画を立ててきたクラブであること。AFCチャンピオンズリーグに出場するだけではなく、そこで結果を残したいという強い意志を持っていること。サッカースタイルが自分に合うこと」

 とくに昨季、ヴィッセルが繰り広げたポゼッションサッカーは、対戦相手としても、魅力的に映ったという。

「ヴィッセルのクオリティの高い選手が展開する、後ろからパスをつないでボールを運ぶサッカーに、僕のプレーは間違いなくフィットすると思っています。実際、チームに合流した今も、その考えに揺らぎはありません。

 一人ひとりが持ち過ぎずに、シンプルにプレーしながらボールを動かし、アタッキングサードでチャンスを作り出す。サンフレッチェ広島時代にも、似たようなサッカーを経験していますが、僕もそういったサッカーは好きですし、プレーしていても、すごく楽しさを感じています。

 と同時に、このサッカーを結果へと導くために、自分の持ち味をしっかり発揮して、チームを助けたいとも思います。この先、ヴィッセルがさまざまなタイトルを獲得していく歴史の一員として、自分自身にもさらなる成長を求めながら、結果を求めて戦っていこうと思っています」



自らのプレースタイルがヴィッセルのサッカーに合っているというドウグラス

 今でこそ、日本のサッカーファンの間で知られた存在になったが、2010年の夏、J2の徳島ヴォルティスで始まった日本でのキャリアでは、苦しんだ時期もあった。事実、トップリーグの舞台で活躍するまでには、5年近い月日を要している。

「来日したばかりの頃は、日本のサッカーについての情報を持ち合わせていなかったので、どんなサッカーをするのかもわからず、日々、学び、吸収することだらけでした。自分の持っている武器を磨くことだけに集中し、僕に関わってくれる人たちの声に、素直に耳を傾けて実行しようと思っていました」

 ブレイクのきっかけになったのは、2015年に期限付き移籍で在籍したサンフレッチェ広島だ。J1ファーストステージの開幕戦に途中出場ながらピッチに立つと、移籍後初ゴールを叩き込んだ。

 以降、チームのエースとして活躍を見せ、セカンドステージ最終節の湘南ベルマーレ戦では、ハットトリックを達成。ガンバ大阪とのチャンピオンシップ決勝でも1得点を決めて、優勝の立役者となり、Jリーグベストイレブンにも初選出された。

「広島に移籍をした時、僕は報道陣に言いました。『正しいタイミングで、正しいチャンスが来る』。努力を怠らなければ、必ず自分にとってふさわしいタイミングで、チャンスが巡ってくると思っています」

 その後、UAEやトルコでのプレーを経て、日本に戻ったのは、2018年の夏。清水エスパルスに完全移籍を果たし、J1第17節のG大阪戦から出場可能になると、途中出場でいきなり移籍後初ゴールを決めた。

 すでにお気づきの方も多いだろうが、このとおりドウグラスは、広島以降に在籍した日本のクラブでは、常に移籍後最初の試合でゴールを決めている。ある意味、得点を期待されるストライカーとしての、プライドを示した結果だろう。

「これまで在籍したどのチームでも、まずは自分が100%の状態でプレーすることを心がけていますし、勝利につながる、チームを助ける得点を挙げたいと考えています」

 だが、ピッチで魅せる、ストライカーとしての強さ、迫力とは対照的に、その素顔はとても謙虚で、穏やかだ。

「FWというポジション柄、周りには当然、ゴールを求められますし、それも大事な役割だと自覚しています。ただ、僕がこれまでのキャリアで常に意識してきたのは、ゴール以上に、自分の持っている力を目の前の試合で100%出し切ってプレーすることです。

 守備の部分でも、ファーストディフェンダーとなって仲間を助けたいし、試合展開によっては、仲間のゴールをお膳立てするために、前線で身体を張ることもあると思います。つまり、大事なのは、個人的な活躍より、チームが勝つための仕事です。

 そして、試合でそのようなパフォーマンスを発揮するために、シーズン中は常に目の前の試合に向けて、メンタル、身体、フィジカルを研ぎ澄ませておきたいと考えています。物事というのはいつだって、その準備にふさわしい結果に動いていくはずですから」

 苦労して辿り着いた”今”だからこそ、おごることなく、謙虚に日々を過ごし、結果を求める。

 その先に描くのは、もちろん”タイトル”にほかならない。だが、広島時代にJ1王者に輝いた経験を踏まえ、それを手に入れるまでの長く、厳しい道のりを知っているからだろう、一歩ずつ、着実に前に進んでいくと決めている。

「目標は、タイトルにあります。というより、ヴィッセルが無冠に終わってはいけないと考えるべきだと思います。そのために、クラブから期待されている以上の、自分を出していきたいと思っています」

 背番号は、清水時代と同じ「49番」を背負う。日本では「9番」のイメージが強いドウグラスだが、今回も背中には、2つの数字が並ぶ。彼にとって大切な2人を想いながら。

「『4』は奥さんの誕生月。『9』は亡くなった僕の母の誕生日です。『9番』が空いていなかったこともあって、この数字にしました」

 少し照れくさそうにして、ドウグラスは優しく微笑んだ。