1月5日、アメリカ・ラスベガスで行われた、世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(以下、CES)」において、NVIDIA社がeスポーツに対応した新ディスプレイシステム、「G-SYNC® ディスプレイ(以下、新G-SYNC)」を発表した。

特に対戦ゲームの世界では、もはや秒を超え、わずか0コンマの差が勝敗を分ける。新G-SYNCは1秒間あたりに画面全体を更新する回数である、リフレッシュレートが驚異の360Hzを備えた、史上最速のゲーミングディスプレイ。新G-SYNCシステムが使用される初の製品は、NVIDIA社とASUS社が共同開発した「ASUS ROG Swift 360」となる。

現在、リフレッシュレートが240Hzのゲーミングモニターが最高位とされ、実勢価格で5万円以上する高価格帯のディスプレイとなっている。今回発表された新G-SYNCは、360Hzのリフレッシュレートであるため、2.8ミリ秒ごとに画面の表示が更新される。従来の一般的なゲーミングディスプレイやテレビと比較すると、最大で6倍の速度になるとのこと。

新G-SYNCの性能を最大限発揮させるためには、同社のゲーミングGPUであるGeForce® RTX® と接続する必要がある。よって、コナミ社の『ウイニングイレブン』シリーズは、国内ではPS4版のみの販売となっているため、恩恵を受けることができない。一方、EA SPORTS社の『FIFA』シリーズはWindows版が販売されているため、恩恵を受けることができる。

ただ、『FIFA』シリーズの公式大会であるグローバルシリーズでは、PlayStation版とXbox版のみの対応となり、Windows版では大会へ参加することができない。対戦ゲームだけではなく、サッカーゲームにおいても反応速度の重要性は増している状況にあり、据え置き型ゲーム機にも対応する新ディスプレイの発売が大いに期待される。

以下、NVIDIA社のプレスリリースをお伝えする。

■NVIDIA社プレスリリース

◇e スポーツの参加者数と大会の賞金が急増
e スポーツおよび対戦ゲームのコミュニティが、驚異的な速度で拡大を続けています。全世界の GeForce ゲーマーの60%以上が毎月対戦型ゲームをプレイし、2019 年には e スポーツの賞金として、前年より29%多い、2億1,100万ドルが授与されました。eスポーツの視聴者数も飛躍的に増加しており、4億5,000万人以上のゲーマーが、リアルタイムでプレイされている競技トーナメントを視聴しています。

◇NVIDIA G-SYNC がゲーミングのイノベーションと進歩を主導
2013年に初めて投入されたNVIDIA G-SYNC は、ディスプレイのリフレッシュ レートとGPUのフレーム レートを同期させることでテアリングを無くす、革新的な可変リフレッシュレート (VRR) テクノロジでよく知られています。

それ以降、G-SYNCプロセッサが、プレイヤーの知覚を向上させるダイナミック オーバードライブ、画質の向上によってターゲットをより正確に狙えるようにするカスタム調整が可能なファームウェア、および反応時間を短縮できる今回の360Hzのリフレッシュ レートといった、eスポーツの映像品質を加速させる新しいディスプレイ テクノロジを発展してきました。

eスポーツのプロはこれまで、次のフレームがアップデートされるまでの待機時間を削減するために、ディスプレイでのフレームのテアリングを受け入れてきましたが、G-SYNCの360Hzのフレーム レートとVRRにより、フレームが3ミリ秒以内にリフレッシュされるようになるため、eスポーツのプロはテアリングのないフレームと圧倒的に低いレイテンシの両方を得られるようになります。

◇e スポーツのプロ向けの設計 — ASUS ROG Swift 360
NVIDIAと共同で開発されたASUS ROG Swift 360 はeスポーツでの競技向けに設計されており、視野内で画面に映るすべてのピクセルを確認できる24.5インチのフォームファクターを特徴としています。ASUS ROG Swift 360 は、ASUSの新しいスマートなROG 仕上げが特徴で、あらゆるeスポーツイベントの大舞台でも安心してプレイでき、以下の機能を備えています。

●圧倒的な速さのリフレッシュ レート:360Hzのリフレッシュ レートが、鮮やかなビジュアルと反応時間を短縮する極めて低いシステム レイテンシを提供し、プロがスムーズな動きでターゲットに狙いを定められるようします。

●e スポーツ向けの設計: 最高の性能を持つ24.5インチのフルHDディスプレイにより、プロと同じようにプレイでき、重要な瞬間を逃すことがなくなります。

●卓越した鮮明度: NVIDIA G-SYNC VRRテクノロジにより、集中力を削ぐテアリング、カクつき、アーチファクトが発生しません。

●NVIDIA による品質認定:すべてのG-SYNC認定ディスプレイは、一貫した品質と、最高のパフォーマンスを保証するために、厳しい検証プロセスを経て、300にも及ぶ画像品質テストを受けています。

NVIDIA は、CESの期間中、Wynnホテルのプレス向けスイートにおいて、新しい360Hz G-SYNCのデモを行い、360Hzのリフレッシュレートが、ターゲットの捕捉、狙い、知覚においてゲーマーのパフォーマンスを向上させることを示す、さまざまなeスポーツ向けデモを紹介します。

引用:NVIDIA社プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000012662.html

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)