明日12日から15日まで、インドのバンガロールにてアジアユース選手権2019が開催される。

 同選手権は3種目複合のコンバインドに限って行われた11月の中国・重慶大会に続き、今年2回目の開催となる。バンガロールでは、スピード、ボルダリング、リードの各単種目王者を決める。

 日本からは、今年のボルダリング世界ユース王者である天笠颯太をはじめ、ジュニア(2000・01年生まれ)、ユースA(02・03年生まれ)、ユースB(04・05年生まれ)の男女6カテゴリーに15名がエントリーしている。

 大会は12~14日にかけてリードとボルダリングの予選、決勝をカテゴリーごとに行い、最終日の15日には全カテゴリーでスピードの予選、決勝が行われる。

クライミングアジアユース選手権2019 バンガロール大会

スケジュール

12月12日(木)
リード予選(ユースA、ジュニア)
ボルダリング予選・決勝(ユースB)
12月13日(金)
リード予選(ユースB)
リード決勝(ジュニア)
ボルダリング予選・決勝(ユースA)
12月14日(土)
リード決勝(ユースB、A)
ボルダリング予選・決勝(ジュニア)
12月15日(日)
スピード予選・決勝(全カテゴリー)

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※すべて現地時間。

ユース日本代表 出場予定選手

<ジュニア>
[男子]
天笠 颯太
今泉 結太
[女子]
樋口 結花
中村 真緒
黒岡 水夢

<ユースA>
[男子]
百合草 碧皇
川又 玲瑛
竹田 創
[女子]
菊地 咲希

<ユースB>
[男子]
吉田 智音
関口 準太
上村 悠樹
[女子]
小池 はな
中川 瑠
小倉 紗奈

CREDITS

編集部 /

写真

IFSC/Syste van Slooten