サッカー大国オランダは2016年ユーロ、2018年ワールドカップの出場を逃し、「ヨーロッパサッカー界の笑い者」と自らをさげすんでいた。そして人々は、スタジアムやテレビ観戦から遠ざかってしまった。オランダ代表とオランダ国民の間で結ばれていた永遠の愛は、幻だったのかもしれない。



A代表デビューを果たした20歳のステングス(左)と18歳のボアドゥ(右)

 しかし、両者は復縁を果たした。11月16日、オランダは敵地ベルファストで北アイルランドと引き分け(0−0)、2020年のユーロ出場を決めた。

 その3日後に行なわれたユーロ予選最終戦のエストニア戦は、6年ぶりのビッグイベント出場を祝う凱旋試合となった。キックオフ間際になってもスタジアムに向かうクルマが微動だにしないほど、人々はヨハン・クライフ・アレナに詰めかけた。

 それでもファンに焦りのようなものはなく、クラクションは響かなかった。自動車道の上にUFOが乗っかったような形状のヨハン・クライフ・アレナを仰ぎ見ながら、彼らは感慨にふけっていたのかもしれない。

 私は途中でクルマを乗り捨て、バスの車窓から渋滞を眺めていた。冷たい夜に浮かぶヘッドライトが幻想的で、まるで聖地巡礼のような、神々しく美しい渋滞だった。オランダはエストニアを力でねじ伏せ、5−0で勝った。

 この2年間、フランス、ドイツ、イングランドといった強豪国を公式戦(ネーションズリーグ&ユーロ予選)で負かしてきたオランダの復調は、守備から攻撃への切り替えの速さと、その質の高さによるものが大きい。

『ビッグ4[アリエン・ロッベン、ロビン・ファン・ペルシ、ヴェスレイ・スナイデル、ラファエル・ファン・デル・ファールト]+ディルク・カイト』から『ニュービッグ4[フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)、メンフィス・デパイ(リヨン)]+マタイス・デ・リフト(ユベントス)』へと変化した新旧世代交代も、成功の要因として見逃せないだろう。

 一方で、弱点もある。それは、攻撃から守備の切り替え時に、オランダは相手に大きなスペースを与えてしまうのだ。また、北アイルランドと0−0で引き分けた試合のように、相手に引かれてボールを持たされると、攻撃に手詰まり感が生じてしまう。デンゼル・ダンフリース(PSV)が調子を落として以降、右サイドバックに不安を抱える。

 ただ、そんなマイナスポイントを鑑みても、オランダ人は2020年ユーロでの躍進を夢見ている。1982年ワールドカップ、1984年ユーロ、1986年ワールドカップ出場を逃し、「暗黒の80年代」という苦しい時期を経て、突如オランダは1988年ユーロで優勝を果たして長いトンネルを抜け出した。

 1988年ユーロで主力だったロナルド・クーマンが、今度は監督として2020年ユーロでオランダを頂点に導いてくれるのではないか――。そんなこじつけ混じりの期待を寄せた記事がオランダメディアに踊っている。

 今のオランダ代表には底知れぬポテンシャルがあり、国民は彼らの伸びしろを見越して胸を膨らませている。その背景には、U−21オランダ代表の陣容が充実しており、まるでオランダ代表のリザーブチームのように機能し始めたことが挙げられよう。

 現在のU−21オランダ代表の立ち上がりは、5月31日に行なわれたメキシコとの親善試合だった。オランダはジャスティン・クライファート(ローマ/20歳)、ドニエル・マレン(PSV/20歳)、カルビン・ステングス(AZアルクマール/20歳)の3トップが大爆発し、5−2で強敵を難なく破った。

 しかしこの魅惑の3トップは、マレンが9月の国際マッチウィークでオランダ代表に昇格したことによって解散した。マレンはドイツ戦で途中出場すると、いきなりA代表デビューゴールを決めて4−2の勝利に貢献した。

 U−21オランダ代表は9月、ノア・ラン(アヤックス/20歳)、カイ・シールハウス(フローニンゲン/21歳)、ステングスの3トップでキプロスを5−1で破った。さらに10月に入ると、U−21オランダ代表はクライファート、ステングス、マイロン・ボアドゥ(AZ/18歳)による「新・魅惑の3トップ」にバージョンアップして、ポルトガルを4−2、ノルウェーを4−0と大量ゴールを重ねながら勝ち続けた。

 オランダ代表のクーマン監督は、AZでもホットラインを形成するステングスとボアドゥを11月の国際マッチウィークに招集した。そして、オランダ代表のユーロ出場を祝うためにエストニア戦に駆けつけた5万2000人の大観衆は、このふたりの見事なA代表デビューの目撃者となった。

 右ウイングとして先発フル出場したステングスは、判断ミスやボールロストも多く、必ずしもプレーの質は高くなかった。それでも、66分には相手陣内で敵ボールを奪ってワイナルドゥムのゴールをアシストし、78分はハーフウェーラインを越したところで相手をかわしてから鮮やかなスルーパスをワイナルドゥムに通し、この日ふたつ目のアシストを記録した。

 一方、AZやU−21オランダ代表ではストライカーを務めるボアドゥは、後半から左ウインガーとして登場。慣れないポジションながら高いキープ力と縦への推進力を披露し続け、87分にはワイナルドゥムとの大きなワンツーで危険エリアに抜け出し、胸トラップからゴールを決めた。

 マレン、ステングス、そしてボアドゥと、稀代のタレントをA代表に抜かれ続けているU−21オランダ代表は弱体化する一方のはずだった。だが、イングランドとの親善試合ではシールハウスとジャバイロ・ディルロスン(ヘルタ・ベルリン/21歳)のゴールによって、2−1で勝利した。

 年が明ければモハメド・イハターレン(PSV/17歳)がU−21オランダ代表、もしくはオランダ代表に入ってくるはずだ。まだ17歳の少年だが、今季PSVでブレイクを果たし、最近まで「サッカー籍をオランダにするのか、それともモロッコを選ぶのか?」という話題で持ちきりだった。

 オランダでは今、「マレン、ステングス、ボアドゥ、イハターレンといった若手たちが、ライアン・バベル(ガラタサライ)、スティーフェン・ベルフワイン(PSV)、スティーブン・ベルフハウス(フェイエノールト)などの主力と競って2020ユーロのメンバーに入るのか?」という論争が沸き起こっている。

 2020ユーロでオランダ代表は、グループリーグ3試合すべてをヨハン・クライフ・アレナで戦うことができる。オランダ人のなかにもサッカー嫌いはたくさんいるが、その多くはワールドカップとユーロの期間中だけは熱心に「オランイェ(オレンジ=オランダ代表)」を応援する。

 ベテラン、中堅、若手、新人のバランスが魅力のオランダ代表は来年6月、1700万の国民とともに、総力をあげてユーロに挑む。