立教大学 6 - 1 東京大学
勝:田中誠 敗:小林大
本塁打:金川

立大は田中誠(④大阪桐蔭)、東大は小林大(④横浜翠嵐)が両エースが先発のマウンドに上がる。

2回表、四球や東大の失策を誘いチャンスを作ると藤野(④川越東)がレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを放ち立大が先制に成功する。

追いつきたい東大だが、立大先発の田中誠の前にチャンスを作れない。

3回表、先頭の宮(③市船橋)がツーベースヒットで出塁し、続く太田(②智辯学園)が犠打でランナーを進める。
1死1、3塁となり、江藤(④東海大菅生)のセカンドゴロの間に1点を追加する。

さらに5回表。
太田が右中間を破るスリーベースヒットを放つと、続く山田(①大阪桐蔭)がタイムリーヒットを放ち東大を突き放す。
6回表にも太田がタイムリーヒットを放ち、5点のリードを得る。

東大もその後は小林大、大久保(②湘南)が粘りを見せ味方の援護を待つ。

反撃に出たい東大は7回裏。
青山(④広島学院)、石元(③桐朋)が連続ヒットでチャンスを作ると続く大音(②湘南)の当たりが相手のエラーを誘い1点を返す。

1点を返された立大だったが、代打の金川(②立教新座)がリーグ戦初安打となるホームランを放ち、すぐに1点を返す。


最後はピンチになりながらも宮崎(④県相模原)が抑え、立大は嬉しい今秋リーグ戦初勝利となった。