『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第5回●泳ぎで水を捉えるための手の動き
(第4回はこちら>>)

 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、来年5月に開催されるホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第5回は、泳ぎで水を捉えるための手の動きを教えてもらいます。



水着:エクサースーツミディアムカット、アクアフィットネス用セパレーツ(ミズノ)

●肘を動かさずに、8の字を描くように手を左右に動かす

中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、泳ぎを上達させるために重要な、スカーリングを学びましょう。

傳谷英里香(以下:傳谷)スカーリング……。聞きなれない言葉ですが、どういった動きなんですか?

中島コーチ わかりやすく言うと、水を捉える手の動きのことです。前回のスイムのレッスンで、肘を曲げて泳ぐことが大切だと説明しましたが、肘から先で水の塊を作って、それを押し出すことで大きな推進力が生まれるんです。肘を固定したまま、8の字を描くように手を左右に動かすんですが、うまくできると水を捉えている感覚がわかると思います。陸上で動きを確認したら、水中でやってみましょう。

傳谷 わかりました!

中島コーチ それでは、プールに入って足を着いた状態でスカーリングを練習します。先ほども言ったように肘が動かないよう注意しながら、手のひらを斜めにして、砂の山を作るようイメージしながら左右に動かしてみてください。

傳谷 続けていると渦ができますね。

中島コーチ 水を捉えられている証拠です。ですが、それに熱中してくると気づかないうちに肘が動いてしまうことが多いですから、しっかり意識してください。次は、スカーリングをしながら前に進んでみましょう。キックをしながらでもいいんですが、手の動きに集中できるように足にものを挟んで練習します。その状態で浮かんだら、肘の先だけを動かして進んでみてください。

傳谷(スカーリングをして前に進み)泳ぎながらだと、水を捉えられているのかわかりづらいですね。

中島コーチ 脇が開いて、肘が横に大きく動いてしまっていますね。頭の前に腕を伸ばすようにして、もう一回やってみましょう。

傳谷(再度スカーリングで前に進み)できていましたか?

中島コーチ さっきより改善しましたね。慣れるまで繰り返し練習しましょう。肘の先だけを動かすことができるようになれば、実際に泳ぐ時にも水を捉えて後ろに押すことができます。ただ泳ぐのではなく、こういった技術を学びながら練習していくと、早く上達できますよ。

傳谷 すごく難しい動きですが、スカーリングのコツはつかめたと思います。練習を重ねてもっと水を捉えられるように頑張ります!

(第6回につづく)

■プロフィール 傳谷英里香(でんや・えりか)
1995年11月2日生まれ、千葉県出身。2012年から2018年9月まで、アイドルグループ「ベイビーレイズJAPAN」のリーダーとして活動。女優を中心として、テレビや雑誌など活躍の場を広げている。■公式Instagram ■公式Twitter

ディレクター●斎藤信隆、本間敢 directed by Saito Nobutaka,Honma Isamu
ムービー撮影●竹下権優、板垣優天、江口裕祐 movie by Takeshita Chikara,Itagaki hirotaka,Eguchi Yusuke
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
彦坂雅俊●制作協力 cooperation by Hikosaka Masatoshi
衣装・用具協力/ミズノ
(取材協力:東急スポーツオアシス新宿24Plus)