ラミレス・レンソ(ラミレス・レンソ)
●守備 内野手●身長・体重 174cm・85kg
●生年月日 1997年6月24日●所属 白鴎大
●球歴 文星芸大附属高―白鴎大●出身地 栃木県●投打 右右

 プロサッカー選手だった父とペルーと日本のハーフである母の間に生まれ、栃木県宇都宮市で生まれ育った。近所の2歳上の先輩に誘われて野球を始めた。「頭を使うし難しい。でもそれが魅力」と、気づけば虜になっていた。文星芸大附高では甲子園出場こそ果たせなかったが「星野英雄監督と出会って人間として大きく成長できました」と多くのものを得た。

 そして白鴎大では父譲りの身体能力が遺憾無く発揮されることとなる。3年秋に打率.324、2本塁打、10打点でベストナインに輝くと4年春にはバックスクリーンへの本塁打を放つなど11試合で9打点。ツボにハマった時の打球はプロの中でも見劣りしない。持ち味を聞くと迷わず「フルスイングです」と答え、プロの世界では柳田悠岐(ソフトバンク)や森友哉(西武)を憧れにしている。

 また守備もMLB屈指の名手であるハビア・バエズ(カブス)の動きが好きで「よく動画を見て真似しています」と話すように、三塁守備はグラブさばきが柔らかく、強肩を生かした送球も魅力。黒宮寿幸監督は「ラミレスの肩や打撃はお金を取れるものがある。守備はウチにいた時の大山(現阪神)と比較にならないほどですよ」と称賛する。

 今季は野球人生初の主将にも就任。「驚いたけど嬉しかったです」と黒宮監督からの任命時を振り返り、「周りをよく見るようになって、それぞれの性格を見てチームをどう動かすかを考えるのは楽しいですよ」と、どこまでも前向きだ。

 ドラフトについても「どういう結果になっても前向きに捉えたいです。まだこの先も野球は続くので」と必要以上に気は取られず。「シンプルに自分が一番の結果を出せるようにしたいと思います」と決意を明かし、「そうすれば自ずとチームの結果もついてくると思うので」と目の前のことに集中できている。チームを「ファミリーのよう」と話すだけに、仲間たちとのラストシーズンに賭ける思いは強い。

 チーム開幕週となった平成国際大戦では、まさに有言実行の逆転サヨナラ本塁打を放つなど好調をキープ。主将として主砲としてチームを牽引し続けている。

文・写真=高木遊