法政大学 5 - 3 立教大学
勝:高田孝 敗:手塚
本塁打:なし

法大・高田孝(③平塚学園)が投打に活躍し法大が開幕4連勝!

法大・高田孝(③平塚学園)と立大・手塚(④福島)の先発で始まったこの試合。 立ち上がり、両投手ともテンポよく抑える好投を見せる。 均衡を破ったのは3回表。 先頭の相馬(④健大高崎)がツーベースを放つと、高田孝が送りバントでランナーを進める。

1死3塁のチャンスにこの試合1番に入った宇草(④常総学院)がセンター前で法大が先制点をあげる。

先制された立大だったが、3回裏に手塚(④福島)がレフトの頭を越えるタイムリーツーベースを放ち、自らのバットで立大がすぐに同点に追いつく。

追いつかれた法大は4回表、2死満塁のチャンスに高田孝が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、勝ち越しに成功する。追いつきたい立大は、1死1,2塁から江藤(④東海大菅生)がタイムリーツーベースを放ち、1点を返す。続く金川(②立教新座)が犠牲フライを放ちさらに1点を追加し反撃を開始する。

9回表、1死3塁から法大は代打・札葉(④川越東)がタイムリーヒットで1点を追加しリードを広げた。

最後は抑えの三浦(②福岡大大濠)が3人をピシャリと締め、法大がリーグ戦4連勝を飾った。