いざ出陣である。ラグビーワールドカップ(RWC)日本大会が20日、開幕する。日本代表の目標は「ベスト8以上」。そのキーマンは、ずばり、SO(スタンドオフ)の田村優(キャノン)だ。重圧を感じながらも、司令塔は「大きな舞台を楽しみたい」と言い切った。



監督からの信頼も厚いスタンドオフの田村優

「やっぱりラグビーの本質は、しっかり準備して、プレッシャーを楽しんで、ギリギリのところを攻めていくこと。成功するか、失敗するかわからないですけど、思い切り、チャレンジしていきたい」

 才能は文句なし、だ。ディフェンスは課題だが、攻撃では天性のセンスを感じさせる。瞬時の判断力、相手のスキを見つける眼、臨機応変のパス、キック。中学校まではサッカーに没頭し、国学院栃木高校でラグビーを始めた。トヨタ自動車などの選手、監督だった父・誠さんの存在とは無関係ではなかろう。

『前へ』の精神を受け継ぐ明大からNECに進み、キャノンへ移籍した。モットーを問えば、田村は「明治なので”前へ”」と笑った。そのココロは。

「とりあえず、(カベを)ぶち破っていく感じですかね。全部、押しのけて」

 2012年4月に初めて日本代表に選ばれ、前回の2015年RWCに出場した。あの南アフリカ戦では終盤に交代出場したが、先発出場はスコットランド戦だけだった。あれから4年、司令塔としてチームをリードしてきた。テストマッチ(国別対抗戦)のキャップ(出場)数は「58」となった。

「常に苦労ばかりでした、日本ラグビーは」と、30歳は本音を漏らしたことがある。日本代表の重み、いわば責任感がのぞく。

「ファーストキャップから今まで、毎試合、その試合が最後になってもいいように準備してやってきました。そこ(重み)はずっと変わらないですね」

 このワールドカップは、田村にとって、代表歴8年間の総決算のような大舞台となる。

「4年前、いろんな人にサポートしてもらいながら、いい結果を出させてもらいました。で、次やるかどうか悩んだ時、またジェイミー(ジョセフ・ヘッドコーチ=HC)に呼んでもらって、やると決めたんです。責任感というか、8年間、ハイパフォーマンスをしていくのが自分のターゲットだったんです」

 歳月と共に田村は変わった。どちらかといえば、束縛を嫌う”自由人”。シャイな印象を与えるが、ジョセフHC率いる代表ではリーダーグループの一人としてチームを引っ張ってきた。いまやリーチ マイケル主将の良き相棒である。試合では、大声でチームを叱咤激励する。

 選手としては、安定感が加わった。経験値と、パス、キックの精度が増したからだろう。動きが周りの選手と連動し、チームに好リズムを生むようになった。この4年間の成長とは。「例えば、試合中の風景は?」と聞けば、「遅くなった」と漏らした。

「これまで速く動いていた周りが、遅くみえるようになったんです。ほら、久しぶりに試合をすると、周りの動きが高速になるでしょ。それが、ゆっくり、ゆっくりに…」

 ジョセフHCの戦術では効果的なキックを活用し、時にはアンストラクチャー(崩れた局面)を意図的につくっていく。司令塔に寄せる信頼はおおきく、田村と周りの選手との呼吸、連携が勝負のポイントになる。

 連携を密にするため、「周りとよくしゃべるようになった」と明かした。

「こういう状況が起きたらこうだよとか、一緒にプレーの映像を見ながら話し合っています。この場面なら、ここにいってほしいって。それをもっと細かくしていかないといけないと思っています」

 チームメイトと一緒に映像を見る機会は、エディー・ジョーンズ前HCの代表時より大幅に増えた。15人の連携はラグビーの肝である。そういった意味で、周りとのコミュニケーションを痛感したのが、6日に行なわれた壮行試合の南アフリカ戦( ●7-41)だった。

「点差ほど、ネガティブな内容じゃないと思います。たくさんチャンスもつくった。あとはちょっとした勇気だったり、ちょっとした遂行力だったり、ちょっとの精度だったり。やっぱり、こだわるところが、ほんと、ディテール(細部)、コミュニケーションだなということが改めてわかりました。メディアでは、なぜこの時期にこんな試合をするのだと言われましたが、終わって、メチャメチャ、ためになったと思います」

 どこか近寄りがたいオーラを感じさせる時がある。

 RWC開幕直前の記者会見だった。「プレースキックの自信は?」と聞かれると、

「試合、見てください」。

 前回のRWCでは、五郎丸歩選手が重圧の中でプレースキックの高い成功率を残した。プレースキッカーとして、五郎丸選手と比べられると、田村は少しムキになった。

「それも大事な役割ですけど、僕、五郎丸じゃなくて、田村優なので…。自分のスタイルでしっかり、仕事を全部、できるようにしたいです」

 言葉の端々に強烈なプライドがにじんだ。SOと、五郎丸選手のFB(フルバック)では、ポジションも役割もちがう。田村は他の選手との比較をきらう。

 アイルランドやスコットランドなど、強豪チームのSO対決について聞かれると、「ラグビーは15人でやるスポーツなので。あまり個人がどうのこうのという見方はやめたほうがいいと思います」と語気を強めた。

 さて、初戦のロシア戦は? 昨年11月の対戦(○32-27)では、田村は交代出場し、ラスト20分、プレーした。

「ロシアは、捨て身とまでは言わないですが、やると決めたことを徹底してやってくるチームだと思います。すごくいいチームだなって。南ア戦でもらった反省をしっかり生かし、もっと自分たちにフォーカスしていきたい。ほんとうに楽しむことが一番かなって」

 同感である。自国開催のRWCの開幕戦の舞台に立つのである。日本代表の司令塔として。それこそ「一生に一度」の幸運だろう。ふだんラグビーの試合を見ない人たちにひと言? と聞かれると、田村は少し笑って、声を弾ませた。

「見なきゃ、ソンですよ」