9月8日、日本代表FW岡崎慎司が、2部ウエスカでスペインでのデビューを飾っている。第4節、スポルティング・ヒホン戦の後半40分に登場。1-0リードのまま、勝利で締めくくった。



ヒホン戦でスペインデビューを果たした岡崎慎司(ウエスカ)

 今シーズンの岡崎は、2015-16シーズンにプレミアリーグで王者になったレスター・シティから、スペイン2部のマラガに移籍していた。しかしマラガの財政状況は深刻で、リーグ選手登録すら許されなかった。サラリーキャップ制(収入に基づいた年俸総額の上限)の規定に抵触していたのである。

 そしてリーグ開幕後、移籍金0で岡崎を獲得したのが、同じ2部のウエスカだった。

「ケーキの上のさくらんぼ」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、岡崎をそうたとえている。ケーキをあでやかに飾り、味のアクセントをつけ、仕上げるものだと。岡崎はウエスカの”さくらんぼ”になれるのか?

 昨シーズンまで、ウエスカは1部に在籍していた。最終的に19位となり、力及ばず降格することになったが、失敗とは言えない。それは60年近いクラブ史上、初めての1部での戦いだった。ホームスタジアムの「エル・アルコラス」の収容人数は、8000人弱という規模。彼らはその歴史のほとんどを、4部、3部、2部で過ごしているのだ。

 そもそも、本拠とするウエスカ県は小さな町で、人口はわずか約5万人。カタルーニャ州とバスク州に挟まれ、ピレネー山脈がそびえるアラゴン州にある。ちなみに香川真司が所属するサラゴサも同じ州のサラゴサ県にあるが、こちらは大都市で人口は70万人近い。

 ウエスカのクラブ年間予算は、1000万ユーロ(約12億円)程度。降格後は、1部在籍時代の有力選手をほとんど売り払わざるを得なかった。アルゼンチン人FWでチーム得点王だったエセキエル・アビラは1部のオサスナへ。スペイン人FWエンリク・ガジェゴはヘタフェ、スペイン人MFゴンサロ・メレーロはレバンテ、コロンビア代表FWクチョ・エルナンデスはマジョルカと、それぞれ1部クラブへ移籍した。今シーズンは実に20人前後の選手が入れ替わっている状況だ。

 強化費に限りがあるなか、岡崎を戦力に加えられたことは”たなぼた”に近い僥倖と言える。

 新たにチームを率いるミチェル監督は、昨シーズンまで1部ラージョ・バジェカーノを率いていた。最下位で降格することになったが、2017-18シーズンに2部で優勝し、1部に昇格させた実績がある。43歳と若いが、ポゼッションを重視した戦術システムを使いこなし、監督としての定評を高めつつある。

 今季のウエスカは開幕以来、3勝1敗。4節終了時点で5位と、昇格圏に位置している。ラス・パルマス、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、ヒホンなど1部の常連を撃破。上々のスタートを切った。

 第3節のアルメリア戦は、アウェーゲームにもかかわらず、ボール支配率は65%。アンカーのペドロ・モスケラを中心に、パス本数は相手の倍以上、407本をつないでいる。4-3-3を基調にした能動的な戦いで、ゴール前にも多くの枚数が入る。課題は相手のカウンターをどうやって防ぐか、そして決定力を高めることができるか。

 そこでキーマンになるのが、GKとストライカーだろう。

 スペインのU-21代表GKアルバロ・フェルナンデスは、開幕以来、PKストップも含め、チームを救うセービングを何度も見せている。2016年にはオサスナで、18歳にして1部デビューを果たした。GKとしては異例の抜擢で、非凡なセンスを持つ証と言える。ユース年代の代表をすべて経験しており、スペインの次世代を担うGKのひとりだ。

 そしてストライカーとしてカギを握るのは、岡崎だろう。日本代表として3度のワールドカップに出場。ブンデスリーガで得点をコンスタントに記録し、プレミアリーグでは王者になった。この経歴は、他の選手を圧倒している。

 岡崎は、マラガでもすぐに戦い方に適応し、ボールを引き出す動きで違いを見せ、信頼を勝ち取っていた。周りと連係する力に優れ、そのプレーインテリジェンスは白眉。攻撃重視のチームだけに、その真価を発揮できるはずだ。

 開幕4試合、チーム最多の2得点で前線の中心になっているのは、23歳のスペイン人ダニ・ラバ。デポルティーボ戦で、エリア外から浮いたボールを左足ボレーで沈めたシュートは、同節のベストゴールのひとつに数えられた。昨シーズンまで1部のビジャレアルでプレーし、ウィングプレーも得意とする。前線で、岡崎と共存することはできるか。

 岡崎の背番号は12に決まった。契約は1年。1部復帰を懸けての戦いになる。