9月5日、茨城県立カシマサッカースタジアム。気温は下がったが、湿度は84%と空気は粘りつくようだった。日本は、南米の伏兵・パラグアイを迎えていた。

 試合開始直後、MF橋本拳人(FC東京)が鋭い出足を見せる。前へボールを運ぼうとする敵の勢いを、ぴしゃりと叩いた。2度続けて相手のボールを寄せ返し、3度目に自らのボールにし、左サイドに展開した。出足をくじかれたことで、パラグアイの動きは鈍くなった。



パラグアイ戦で中盤をコントロートしていた橋本拳人

 その後、橋本は無理にボールを奪いに出ていない。ポジション的優位を取ることでスペースを与えず、バックラインと一体になって、強固な防御線を張った。攻撃センスの高い柴崎岳(デポルティーボ)の攻め上がりを促しつつ、前線の選手たちにボールを供給し、その背後を補完。安定した守備でカウンターを封じ、同時に攻撃も作り出した。

 攻守一体の軸――。それはロシアワールドカップまで、長谷部誠(フランクフルト)が果たしていた役割だった。

 この日、先発した11人の中で、唯一のJリーガーだった橋本は、偉大なMFの後を受け継ぐだけのポテンシャルを示した。

「世界で戦ってきた選手の傍でプレーすることで、刺激にはなりました。テレビに出ていた選手はオーラあるなって(笑)。一緒にやっているって楽しいって」

 今年3月、1-0で勝利したボリビア戦で先発、代表デビューを飾った橋本は、闊達にそう語っていた。

「でも、”そこでパスを戻してもらえば活かせるのに”と思ってもリターンがない。まだまだ信頼されていないんだなと感じました。もっと自分のプレーを伝えることも必要だと思いましたね。正直、やれる、という実感は得たので、これからです」

 6月のエルサルバドル戦では再び90分プレーし、2-0の勝利に貢献。攻守両面で、着実に存在感は増していた。

 そしてこの日、2-0と勝利したパラグアイ戦は、主力の風格すらあった。物事を複雑化しない。橋本のボランチ(舵取り)としてのよさはそこにある。

 実は、2得点とも起点になっている。

 23分、センターサークル付近でボールを受けた橋本は、左サイドから中央のギャップに入った中島翔哉(ポルト)に対し、迅速な判断で球足の速いボールを入れた。これを中島はダイレクトで横にいた堂安律(PSV)に弾き、さらに堂安が左サイドの長友佑都(ガラタサライ)へ展開。そのニアへのクロスを大迫勇也(ブレーメン)が左足で叩き込んだ。

 30分、橋本はバックラインとのパス交換後、前が詰まっていたことで、左サイドへドリブルでボールを運び、敵2人を引き付ける。この動きで中央に寄った中島をフリーにし、すかさずパス。中島ががら空きになった逆サイドへパスを流し、走りこんだ酒井宏樹(マルセイユ)のクロスを南野拓実(ザルツブルク)が右足でねじ込んだ。

 橋本は供給役としての仕事を完ぺきにこなした。その単純明快さは、プレーインテリジェンスに置き換えられる。

「前の4人(中島、南野、大迫、堂安)は、ここっていうポジションに入ってくれるので、パスはつけやすいです。特に(中島)翔哉とは(FC)東京でもやっていましたが、フィジカルが強くなったし、とにかく1対1で取られない。あそこで(マークを)外してくれるから、他もフリーになるというか」

 パラグアイ戦後、橋本はそう振り返っている。とりわけ、中島へのパスの質は高かった。次のプレーに移行するアドバンテージを与えていた。

 ボランチとしての橋本の特長だ。

 橋本はユーティリティーとして、複数のポジションをプロで経験している。右サイドバック、センターバック、FW、攻撃的MF、トップ下……GK以外はすべてに近い。戦術的能力の高さで適応できるわけだが、この点も長谷部に通じる。オーケストラの指揮者のように、どのポジションの選手の立場にもなれることで、それぞれの能力を引き出せるのだ。

 もっとも、橋本が長谷部の領域にたどり着くには、試合経験を重ねる必要がある。パラグアイ戦も、後半は途中出場の選手が次々と入って、攻守のバランスは崩れた。前がかりになって、攻め急ぎが目立った。

「後半に入ってきた選手は、アピールという部分もあったと思います。前へ、と少し行き過ぎてしまった。そこは中盤でもう少しコントロールできたらよかったですね」

 橋本は課題も挙げた。経験を糧に成長の過程にあるのだろう。今シーズンは悲願の優勝に向けて首位を走るFC東京で、中盤に君臨。チームを動かすソリッドなプレーが評価され、代表にも選出された。

「勝てるチームのボランチは評価される。だから、東京で優勝したいです」

 そう語る橋本は、代表3試合でも3連勝だ。