日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターとして、Jヴィレッジがオープンしたのは1997年。5000人収容のスタジアムや11面の天然芝フィールドと宿泊施設やレストランが併設され、日本代表やJクラブなどが合宿に活用した。



営業を再開しているJヴィレッジ

 2002年の日韓ワールドカップではアルゼンチン代表のベースキャンプ地となり、初の育成学校であるJFAアカデミー福島も活動拠点にしていた(現在は静岡県の御殿場市で活動中)。日本サッカー界の発展を支えてきた施設といっても、過言ではないだろう。

 しかし、2011年3月11日。東日本大震災によって、福島県双葉郡大熊町にある福島第一原子力発電所にも津波が及び、炉心融解が発生。放射性物質が放出される事態となった。

 以降、近隣住民の生活は一変し、一帯は避難区域に指定された。近隣の楢葉町に位置するJヴィレッジも大きな影響を受け、3月15日からは国が管理する原発事故の対応拠点となり、本来の用途で使えなくなった。

 あれから8年。Jヴィレッジが本来の姿を取り戻し、再び動き出している。2018年7月に使用が一部再開され、今年4月20日に完全復活。ピッチは整備され、ホテルやレストランも営業を行なっている。A代表こそ訪れていないものの、世代別代表や女子代表はこの地で汗を流した。選手の声、ボールを蹴る音。徐々に来客数も増え、事故前と変わらない光景がそこに広がっている。

 以前のように、育成年代の全国大会を開催できる日も戻ってくれば……。しかし、それには乗り越えるべきハードルが複数あり、カギになるのが宿泊施設の確保だ。Jヴィレッジ内のホテルだけで参加選手数をさばくのは難しく、近隣の宿泊施設の協力は必須なのだが、震災前に構築していた体制を復活させられるかどうかがわからない。

 Jヴィレッジから徒歩15分、広野町の旅館岩沢荘は今もサッカーチームを受け入れている数少ない施設だ。震災前からJヴィレッジを支え、クラブユース選手権や全日本少年サッカー大会が開催されれば、3チームほどを一挙に引き受けて選手たちをバックアップ。過去に泊まった子どもたちの写真や寄せ書きを見れば、その歴史がわかる。



現在もサッカーチームを受け入れている旅館岩沢荘

 震災後に少し整理されたそうだが、杉森孝起(名古屋)の寄せ書きや萬代宏樹(ラインメール青森)のサインなどは、今もロビーに飾ってある。

「あのころは小学生を対象としたふたばカップ、全日本少年サッカー大会、クラブユース選手権のU-18、U-15が始まった。女子も大会があって、子どもたちがたくさん来ていたね」

 こう話すのは、今年で63歳を迎える社長の吉田稔さんだ。長年に亘り、この地で選手たちの成長を見守ってきた。震災後も営業を続けてきた中で、周辺の宿事情はどう変わったのか。話を聞くと、地元の人にしかわからない葛藤や想いがあった。

 岩沢荘の歴史は古い。開業したのは1979年。当時はそこから火力発電所の作業員や久之浜にやって来るサーファーなどの常宿として活用されていた。1990年代になると、温泉ブームが到来。露天風呂を新設すると宿泊者が増えた。

 そこから周辺にスポーツ施設ができ、バトミントン、剣道、ゴルフなどの大会で訪れた人たちが足を運ぶようになる。1997年にJヴィレッジが開業すると、サッカー関係者が泊まるようになった。

 そこへ、東日本大震災が起こった。

「震災があって、俺たちも終わり。はっきり言って、Jヴィレッジが原発作業員の拠点になって、子どもたちは絶対に来られないだろうと思った」

 岩沢荘が運営する3つの宿は幸いにも損傷が少なく、2カ月後に営業を再開できた。その一方で周辺を取り巻く環境は激変した。以前はJヴィレッジ周辺に点在する複数の宿に協力を要請し、全国規模の大会の際には大人数を一挙に受け入れる体制を構築していた。

 だが、震災の影響で以前と比較すると、ホテルや旅館などが大幅に減った。とくに福島第一原子力発電所に近い富岡町や楢葉町の宿は、いまも作業員の宿泊施設として利用されており、サッカーチームなどが活用できる見込みが立っていない。現状では広野町の宿しか使えない状況だ。




旅館岩沢荘には、現在も寄せ書きやペナント、写真が多数飾られている

「旅館の組合長も亡くなり、周りの人たちも年配になった。富岡町の宿も取り壊されてしまった。今はサッカー関係の宿泊に携わっていたのは私しかいないから、昔みたいにはできない。Jヴィレッジからもまた力を貸して欲しいと言われていて、やりたいけど、はっきり言って厳しい。

 周りにも声掛けをしたけど、Jヴィレッジへの送迎用にバスも買わないといけないから大変です。現状でサッカー関係に協力できるのはうちを含めて、4つぐらいしか施設がないんです」

 今後の動向は何も決まっていないが、1997年から2010年まで開催されていたU-18とU-15のクラブユース選手権など各年代の全国大会を再び誘致するためには、周辺にある宿泊施設の協力が欠かせない。吉田さん自身は、大規模な大会が再び開催されるのであれば、尽力する意向を持っている。

「こうやってまた来てもらえているのは奇跡に近い。女子サッカーの藤枝順心高校さんとかはよくうちを指名して泊まってくれていて、先日は千羽鶴をくれたんです。これを見て、もう一度励んでみようと思いました。昨年女房が亡くなって悲しいこともあったけど、仕事をやっていれば、落ち込まずに働ける」

 正直、現状では宿数の問題で全チームを受け入れられないだろう。大規模な大会に対応するためには、いわき市内の宿なども検討しなければいけない。もちろん、彼らを受け入れれば、食事の用意や送迎など、今以上に負担がかかる。中には手伝えないという意見も出てくるかもしれない。

 また、廃炉作業が終了していない福島第一原発周辺は、県内の他地域と比べ依然高い放射線量を記録している。基準値を下回っているJヴィレッジとはいえ、福島第一原発近隣での活動に懸念の声が消えないのも辛いところだ。

 だが、地元の人たちはさまざまな困難と向き合いながら、今も子どもたちを待っている。選手たちの頑張りが希望になっているからだ。

 Jヴィレッジに全国大会は戻ってくるのか。これからも注視したい。