2部に降格したハノーファーが、スタートから苦しんでいる。第4節までを終えて1勝2分1敗。ドイツ杯でも1回戦で敗れてしまった。経済的な事情から放出したニクラス・フュルクルク(ブレーメン)、イフラス・ベブー(ホッフェンハイム)がすでに1部の新天地で得点を挙げていることを考えると、降格の厳しさが身に染みる。

 第4節はグロイター・フュルトを迎え、ホーム初勝利を目指したが、先制したのはグロイタ―・フュルトだった。後半開始直後に追いついたものの、結局、1ー1で試合を終えた。

 後半開始から出場した原口元気は、落胆と脱力を隠さない。



去就が注目される原口元気(ハノーファー)

「とくに前半はボールが回らなかった。後半に僕がボランチで入って、なんとかテンポよく回そうと心がけて、しっかり前に行けた。でも、そこから先のクオリティがちょっと冴えなくて、2点目が取れなかったです。これ(ボランチでボール回しをすること)は俺がやりたくないけど、その役目をやれるボランチがいないので……」

 ボランチでボールを保持することで、前線に時間を与える。必ずしも守備を求められるわけではなく、攻撃的な役回りではあるが、自身が前線に上がるのではなく、中盤でつなぐことがミッションだった。事実、得点シーンでも、原口は中盤にとどまったまま。攻撃的MFとしては歯がゆさが募る。

「空いたポジションでプレーしている感じ。普通にサイドをやらせてもらえれば、やりたいプレーもあるんですけど、出たポジションで力を発揮するというのは去年と変わらないので、しっかりやりたいなと思います」

 開幕からの4試合で、原口は先発1回、途中出場2回、出場なしが1回。チームを牽引する10番という役割は全うできていない。
 
 チームの降格が決まった昨季の終盤から、原口は「次に向けて……」と発言していた。日本代表の現役選手であり、1部のクラブでのプレーを模索するのは当然だろう。これに対して、プレシーズンにはマルティン・キンド会長は「手が上がれば放出する」と発言。さらに、原口は今季から指揮をとるミルコ・スロムカ監督と折り合いが悪いとも報じられた。

 契約には800万ユーロ(約9憶6000万円)と言われる違約金が払われれば、契約解除ができるという条項が含まれているようだが、現在の原口の市場価値は250万ユーロ(約3億円)とドイツメディアは報じている。しかし、その間にある、着地点となる金額を提示するクラブはなかなか出てこず、新しい情報もないまま8月の最終週を迎えた。

 グロイタ―・フュルト戦後の質問も、自然と移籍がらみのことに流れていく。

「すべてが終わったらはっきりすると思うので、それまではわからないですけど……」

 今現在、原口本人が公に口にできることがないのは当然のことだ。そんな状況で、前向きに日々を過ごすことは難しいのではないだろうか。

「そんなことはない。いま、何がどうなろうと(結局は)自分自身だと思っているので、しっかりここで集中してやっています。それ(移籍の可能性)ばっかりは、僕も(移籍マーケットが)閉まらない限りはわからない。今はここに向き合ってやっています」

 不安定な立場を抱えながら、原口は自分自身を見つめている。

「ひとつ言えるのは、ちゃんとやるしかないということ。今日は45分出られたので、なんとか落ち着いて、次につながるかなと思うし、次は(先発の)チャンスがあるかなと思います。重視しているのはコンディションです。毎週90分出ているわけじゃないので、個別に走ったり、自分自身のコンディションが上がるようなトレーニングをしっかり積んでいるつもりです」

 移籍ウィンドウが閉じるまであと1週間。原口の去就が注目される。