――18年間の選手人生に後悔はありますか?

「何もない」

 フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖、35歳)は、落ち着いた声音でそう言い切った。

 現役最後の試合が終わってから、すでに2時間近くが経過していた。トーレスはセレモニーでファンに感謝を伝え、何度も手を振った。そして大勢の報道陣に囲まれた記者会見を、質疑応答を遮ることなく長々と続けた。真摯な姿勢が彼らしい。

「自分は出会いに恵まれ、幸せなサッカー人生を送ることができた。好きなことを仕事にできたのは幸運だったと思う。恐れることなく、あきらめず戦い続けた」

 トーレスは言った。世界最高のストライカーの称号を得た男のサッカー人生。それは、言葉で語れるようなものではない。この日、盟友アンドレス・イニエスタは、そのプレーでトーレスのサッカー人生を投影した――。



現役最後の試合でファンに手を振るフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)

 8月23日、駅前不動産スタジアム。ヴィッセル神戸戦のウォーミングアップから、トーレスの表情は穏やかだった。引退試合だが、気負いは見えない。18年間、トップリーグでプレーし続けてきた分厚い経験が重石になっているのだろう。

 2001年にプロデビューしたトーレスは、アトレティコ・マドリード、リバプール、チェルシー、ミランというビッグクラブを渡り歩いた。赤いユニフォームのチームが多く、敵に向かって切り込んでゴールの雄叫びをあげると、返り血を浴びたように映った。スペイン代表としても、自らの得点で2度の欧州王者、世界王者に輝いた。

 トーレスはその18年間を背負って、ラストゲームのピッチに立った。序盤から積極的なプレッシングで味方を鼓舞。プレスバックでは相手選手の腕に手をかけ、執拗に追いかけた。プロとして手加減はない。

 しかし「世界的選手の最後」という熱気に触発され、黄金の輝きを放ったのは、神戸のイニエスタだった。

 イニエスタは、トーレスとスペイン代表のユース年代から切磋琢磨してきた戦友である。欧州選手権、ワールドカップでは、ともに優勝を祝っている。所属クラブでは敵味方に分かれて戦ったが、2人の間には尊敬の念しかない。

「君はまだ去っていないのに、すでにさみしい気持ちだ」

 イニエスタは親友トーレスとの最後の試合を前に、熱いメッセージを送っていた。気力は満ちていたのだろう。自らのプレーを捧げるように、その本気を見せた。バルセロナでの全盛期を彷彿とさせる圧倒的なプレー水準だった。

「イニエスタは日本で見せた最高の試合で、トーレスの最後を飾った!」

 スペインのスポーツ紙『アス』もそう見出しをつけている。

 前半22分、イニエスタは自陣で浮いたボールをダイレクトのボレーでロングパス。右サイドを駆ける古橋亨梧に、寸分たがわず合わせている。古橋が戻したボールを田中順也がゴールに決めたが、息を呑むようなプレーだった。

 これ以外にも、イニエスタは異次元のプレーを連発した。センターラインから少し敵陣に近づいたところで、何気なく古橋に合わせたミドルパスも極上だった。ゴールにはならなかったが、「無」から「有」を生み出すかのように神がかっていた。また、後ろ向きで受けたパスに、背後から狙われているのを察知。即座に右足の裏を使って弾いて、プレスを回避した。360度、視野が開けているようだった。

 イニエスタはすべてを出し尽くした。積極的にボールを受け、下がってゲームメイクし、決定的パスを繰り出し、縦横無尽に動き回っている。その負担は相当なものだったろう。球際の奪い合いで踏み込んだ時だった。左足のもも裏を抑え、そのまま座り込んだ。

 前半45分、イニエスタは交代を余儀なくされたが、戦友を惜別するようなプレーだった。この時点で神戸が0-3とリード。ケガのリスクを背負いながら、限界を突破した。

<君の最後は僕が飾る!>

 イニエスタの一挙手一投足はそんなメッセージが込められ、同時に偉大なストライカーが歩んできた道のりの壮大さを映していた。

 結局、鳥栖は1-6で大敗し、トーレス自身も不発に終わっている。シュートチャンスがなかったわけではない。しかし、枠に入れられなかった。味方のシュートのこぼれ球をエリア内で拾い、フリーでシュートを打つ絶好機でさえ、腰が回らず、大きくバーの上に外した。膝の状態は万全には程遠く、往年の彼からは考えられないフォームだった。

 トーレスは自ら幕引きを決めたが、それは己に厳しいトッププロの潔さだったのだろう。

「ストライカーを選んだら、ゴールすることが仕事になる。ゴールしなければ生き残れない。自分は人生を、ゴールすることで道を切り開いてきた」

 試合後の会見で、トーレスは胸を張って言った。

 今後はひとまず故郷のマドリードに戻る。鳥栖とは2020年12月までクラブアンバサダーの契約があるという。そのあとは気になるが、まずは戦い疲れた羽を休めるのだろう。

 現役最後の試合でピッチに出る直前、父と息子の会話だ。

「これ、最後の試合だぞ」

 父トーレスが息子に向かって言う。

「うん、終わったらバカンスだね!」

 息子は楽しそうに答えた。トーレスは微かに笑みを浮かべ、ピッチへ向かった。