通算10回目の大会となったAFCフットサルクラブ選手権が、8月7日から17日まで、タイの首都バンコクにあるバンコクアリーナで開催された。Fリーグ王者として出場した名古屋オーシャンズが、史上最多となる4度目の優勝を果たした大会は、アジアのフットサルにおける日本のさらなる飛躍を期待させるものとなった。



開催10大会中、史上最多4度目のアジア制覇を果たした名古屋オーシャンズ

 大会前、名古屋は不安に包まれていた。直前の8月4日に行なわれたFリーグ第12節では、アウェーで下位に沈んでいるエスポラーダ北海道に2-3で敗戦を喫した。また、このAFCフットサルクラブ選手権は、外国籍選手枠が1、アジア籍選手枠が1という特殊なレギュレーションで行なわれており、Fリーグでは3人の外国籍選手を中心に据えて戦っている名古屋にとって、普段とは違う戦い方が求められる。しかも、準備期間はほとんどなく、ぶっつけ本番だった。

 さらに名古屋が入ったグループDには、前回大会王者のメス・サンガン・ヴァルザガン(イラン)をはじめ、力のあるカズマSC(クウェート)、アルダフラFC(UAE)が入り、「死のグループ」と呼ばれていた。

 実際に初戦のアルダフラFC戦でも名古屋は、元日本代表のFP(フィールド・プレーヤー)畠山ブルノ・タカシに先制点を決められるなど、難しい戦いを強いられた。それでも、フエンテス監督が就任してから浸透させたセットプレーから、日本代表FP星翔太が同点ゴールを挙げると、その後は試合を支配し、4-2で勝ち切った。第2節のカズマSC戦では、守備を固めて守ってくる相手に対し、FPペピータが2ゴールを挙げる活躍もあり、3-1で勝利した。

 この時点で名古屋とメス・サンガンが2連勝となり、決勝トーナメント進出の2チームが早々に決まった。そして、グループ首位をかけた第3節の名古屋とメス・サンガンの試合は激闘となる。名古屋は持ち味である前からのプレッシングが機能して主導権を握り、一時は2点をリードしたが、キャプテンの星龍太が一発退場となり同点に追いつかれてしまう。しかし、最後はペピータがゴールを決めて3-2で勝利。名古屋が3連勝でグループDを首位で通過した。

 名古屋の快進撃は止まらなかった。続く準々決勝のバモスFC(インドネシア)戦では、引いた相手に苦しめられるも3-1で勝利。準決勝ではここまで大会通算7得点を挙げていた日本代表FP清水和也(※期限付き移籍で今大会に参加)を擁するタイ・ソンナム(ベトナム)も3-1で破った。この試合まで全試合でゴールを挙げていた清水が、「名古屋の圧力にやられた」と話すほど、チームとしての名古屋の完成度は高まっていた。

 決勝は、メス・サンガンとの再戦。この試合は、アジアのフットサル界をリードしてきたイランと日本の対戦としても注目された。過去15回開催されたAFCフットサル選手権(アジア選手権)では、イランが12回、日本が3回とこの2カ国以外は優勝経験がない。直近4大会の結果では、イランが2度、日本が2度優勝しており、近年の両国の力は拮抗している。

 また、6月にイランのタブリーズで開催された第2回AFCU-20フットサル選手権では、U-20日本代表がU-20イラン代表を準決勝で破り、初優勝を果たした。そして、今大会のグループステージで名古屋がメス・サンガンに勝ったことで、イランを代表しているメス・サンガンにとっては、国の威信をかけた試合となっていた。

 メス・サンガンの監督は「私たちはグループステージの対戦ですべてのカードを切ったわけではない」と、決勝に向けて秘策があることを匂わせていた。しかし、ふたを開けてみれば、最前線にいるアジア最高のピヴォであるイラン代表FPジャビッドにボールを集める彼らの戦いぶりに大きな変化はなく、決勝でも名古屋が試合の主導権を握り続けた。

 名古屋は前半7分に、右サイドでドリブルを仕掛けたFP水谷颯真がチャンスをつくると、パスを受けた平田ネト アントニオ マサノリがGKをかわしてシュートを決める。この試合を最後にポルトガルのクラブへ移籍する平田の先制弾でリードを得た名古屋は、その後もメス・サンガンに攻撃の形をつくらせず、GK関口優志が活躍する機会もほとんどなかった。後半、メス・サンガンの攻撃をしのいだ名古屋は、安藤良平がボレーシュートを決めて点差を広げると、今大会初めての無失点ゲームで3大会ぶり4度目の優勝に花を添えた。

 この優勝は、アジアのフットサル史においても大きな意味を持つものだろう。一大会でイラン王者が2度も同じ相手に敗れたことはなく、日本の力が2016年のフットサルワールドカップで世界3位に輝いたイランに近づいたことを意味する。ただし、今大会のメス・サンガンには前回大会で中心選手として活躍したイラン代表選手が数名欠けていた。現在、イランでは「海外クラブでプレーした選手はすぐに国内リーグでプレーできない」という措置をとっており、トッププレーヤーの国外流出を防ぐ流れにある。だが、AFCU-20フットサル選手権に続き、今大会もタイトルを日本に奪われたことで、そうした措置を撤廃し、来年の大会に向けて最強チームを編成してくる可能性が高い。



大会MVPを獲得した吉川智貴(写真左)と、得点王の清水和也(同右)

 大会MVPには、名古屋のFP吉川智貴が選出された。「ゴールゲッターのポジションでもないので、こういう賞はなかなかいただけない」と吉川は話したが、全6試合を終えてノーゴールの選手が受賞したのは異例とも言える。もっとも準決勝で2ゴールをアシストするなど多くの得点を演出し、名古屋の代名詞であるハイプレスの体現者として、プレーでチームをけん引してきた存在感は、MVPにふさわしいものであった。

 また、大会得点王にはタイ・ソンナムへ期限付き移籍していた清水が10得点を挙げて選出されている。準決勝の名古屋戦ではボールの供給源を抑えられたこともあり不発に終わったが、3位決定戦では反撃の1点目、決勝点、ダメ押しゴールと3つのゴールを決めてチームを3位に導いた。キャリア初のAFCフットサルクラブ選手権を終えた清水はスペインへ渡り、昨季LNFS(スペインフットサルリーグ)準優勝のエルポソに合流して、トップチーム入りを目指していく。

 過去のAFC主催の大会でも、日本代表が大会を制し、木暮賢一郎(現フットサル女子日本代表監督)が大会MVP、大会得点王に輝いたことはあった。だが、今大会ほど多くの局面で日本が際立った大会は稀有である。3年前、ワールドカップ予選を兼ねたAFCフットサル選手権ウズベキスタン2016で、W杯出場枠内の5位までにも入れずにW杯連続出場の記録が3で途絶えた日本。だが、次大会のフットサルワールドカップリトアニア2020の予選が始まる直前に明るい話題が多くなってきた。

 金メダルを胸に下げた西谷良介は「メス・サンガンの選手たちの表彰式での悔しそうな姿を見て、イランがまたさらに力をつけてくることを確信しました。今後も彼らを上回れるように、さらに圧倒的な点差をつけられるように、これに満足せずに成長を続けたい」と語った。こうした向上心をどれだけ持ち続け、発展し続けることができるかで、アジアの覇権争いの行方も変わってくるだろう。