5月18日(土)、Blue United Corporationのeスポーツチーム「Blue United eFC」のオフィシャルパートナーである、ライフネット⽣命保険株式会社が「ライフネット生命 eスポーツブートキャンプ」を東京都千代田区にあるデジタルハリウッド大学にて開催した。

イベントの使用タイトルは人気サッカーゲーム『EA SPORTS FIFA 19』。6歳から18歳を対象に「Blue United eFC」所属のつぁくと選手とアグ選手による、eスポーツの技術指導が行われた。

同イベントへ参加した一部のプレイヤーは、翌日5月19日(日)にMLB café TOKYO東京ドームシティ店(東京都文京区)にて開催された、TOKYO MX主催のeスポーツイベント、「eスポーツ MaX Gaming Festival Spring」にも参加した。

そこで、指導の様子を中心に、2日間の模様を写真と共にお伝えする。

■イベント第1部


(写真:参加者に技術指導をする、左・つぁくと選手、右・アグ選手)

第1部では、エキシビションマッチと各技術の練習を混じえた、トレーニングセッションを実施。シュート・パス・ディフェンスといった各スキルを、つぁくと選手とアグ選手が実演にて指導。さらに、アドバイスなどの直接指導も加わり、参加者も着実にテクニックを習得した。

■イベント第2部


(写真:最終試合で対戦する、左・つぁくと選手、右・アグ選手)

第2部では、参加者がつぁくと選手とアグ選手のチームにそれぞれ分かれ、チーム対抗戦を実施。第1部で習得した成果を発揮し、参加者同士の熱い戦いが繰り広げられた。最終試合では、つぁくと選手とアグ選手が参加者の前で実際に対戦し、会場を大きく盛り上げた。

また、翌日の「eスポーツ MaX Gaming Festival Spring」にて、つぁくと選手やアグ選手と一緒に2on2の試合ができる上位2枠を巡り、参加者間でリーグ戦が実施された。

■「eスポーツ MaX Gaming Festival Spring」


(写真:スペシャルエキシビションマッチに勝利したアグ選手と参加者の少年)

翌日、前日のリーグ戦を勝ち上がった上位2名は、TOKYO MX主催のeスポーツイベント、「eスポーツ MaX Gaming Festival Spring」に参加した。

つぁく選手とアグ選手はそれぞれ、上位2名の参加者とタッグを組み、メインステージにて2on2を実施し、熱い戦いを繰り広げた。そして見事、アグ選手のチームが勝利し、アグ選手と参加者へAcerのゲーミングモニターが贈呈された。

また、アグ選手は、同イベントで行われた『FIFA 19』のトーナメントでも優勝を飾った。

■「ライフネット生命 eスポーツブートキャンプ」主催者コメント

eスポーツに触れたことのない⼦どもたちに体験してほしい、eスポーツを楽しむ⼦どもたちに⼀流の技術を持つプロ選⼿と触れ合ってほしいという想いがあり、「eスポーツブートキャンプ」を開催しました。

参加した⼦どもたちの楽しそうな笑顔や真剣な眼差しを見ていると、eスポーツの大きな可能性を感じるとともに、⾮常に良い機会が提供できたことを嬉しく思います。

「eスポーツブートキャンプ」が、eスポーツの発展に少しでも貢献できたのであれば、とても喜ばしいことです。

■イベント概要


イベント名:ライフネット⽣命 e スポーツブートキャンプ
主催:ライフネット⽣命保険株式会社
企画 / 監修:Blue United Corporation (Blue United eFC)
日時:2019年5⽉18⽇(⼟)14:00〜17:00
会場:デジタルハリウッド⼤学
〒101-0062 東京都千代⽥区神⽥駿河台4-6 御茶ノ⽔ソラシティ アカデミア 3F
撮影協力:スマイトピクチャーズ 合同会社

■関連リンク

ライフネット生命保険株式会社
https://www.lifenet-seimei.co.jp/  https://www.lifenet-seimei.co.jp/  

Blue United eFC
http://www.blueutd.com/efc/

(編集●VAMOLA eFootball News編集部)