4月8日に開幕した東都大学野球リーグも、残すところあと第5週のみ。現在は東洋大が首位を走り、2位國學院大、3位亜細亜大が後を追っている状況だ。令和初の“戦国東都”王者はどのチームになるのか。そして、1部リーグ残留をかけて入替戦に臨むのはどの大学か。

今回は神宮の舞台で躍動するドラフト候補・4年生選手に注目した。未来のプロ野球を担うかもしれない、大学野球の輝きを追う。

佐藤都志也選手(東洋大学)

※優勝候補を支える主将であり主砲。まさにチームの“要”だ

優勝へ向けてひた走る東洋大学の主将・佐藤都志也選手。聖光学院高時代に2年連続で夏の甲子園に出場し、大学3年時には大学日本代表に選出された。甲斐野(現・福岡ソフトバンクホークス)、上茶谷(現・横浜DeNAベイスターズ)、梅津(現・中日ドラゴンズ)らをリードして経験を積んできた強打の捕手である。

横山楓投手(國學院大学)

※第4週を投げ防御率は現在リーグ3位

伸びのあるストレートとスライダーを武器に、國學院大のエースへと成長した横山。フォームの美しさも特徴だ。現在チームは2位で首位・東洋大を追っており、第5週も横山の活躍が期待される。女手ひとつで育ててくれた母へ、最後まで恩返しの投球を見せていく。

根本郁也選手(立正大学)

※普段はショートを守るが、セカンドの守備にも定評がある

昨季優勝と日本一を果たしたチームを率いる主将。170cmとやや小柄だが走攻守の三拍子揃った選手で、巧みなバッティングセンスと足の速さ、華麗な守備が魅力だ。チームが掲げる「機動力と守りの野球」のキーマンとなれるか。

山本卓也選手(亜細亜大学)

※広角に長打を放つ、亜細亜打線が誇る強打者だ

神村学園高時代には2年連続で選抜出場を果たした山本卓。力強いスイングとパンチ力が持ち味で、“第二の松田”(松田宣浩・福岡ソフトバンクホークス)との呼び声が高い。16年春季リーグ以降優勝から遠ざかっているチームを鼓舞し、優勝争いへ食らいついていく。

10月のドラフト会議前に行われるリーグ戦としては、最後となる今季。球団スカウトやプロ野球ファンへ向けて必死のアピール、そして、それぞれの目標達成に向けて4年生たちの最後の春は佳境を迎えている。