5月4日(土)東京六大学春季リーグ戦 東大1回戦 @明治神宮球場

通算100安打まであと3本。明日の2回戦で達成なるか

平成最後の試合を、宿敵・法大相手に見事勝利で終えた慶大。令和初試合も見事に勝利を収めた。ゴールデンウィークも終わりに近づいた5月4日。みどりの日にちなんで神宮球場のスコアボードの表記は緑色になっていた。
この試合、東大投手陣に四死球が多く見られ、計17つと六大学リーグの1試合最多四死球の記録を更新した。初回から3点を先制されるも各投手の頑張りとそれに打線が応える形で着実に点を重ね、最終スコアは10対4で終えた

 123456789計

慶大00302203010
東大3000000104

慶大バッテリー:○髙橋佑、津留﨑、石井―郡司

東大バッテリー:小宗、●坂口、宮本、平山、柳川、田中啓―大音、松岡 

慶大本塁打:福井1号2ラン(8回)

東大本塁打:岡1号3ラン(1回)

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)

1[5]8柳町達(商4・慶應)
2[8]渡部遼人(環2・桐光学園)
H杉本京平(理4・中央中等教)
8水久保佳幸(総3・慶應)
1石井雄也(商4・慶應志木)
3[9]中村健人(環4・中京大中京)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[ 7 ]正木智也(政2・慶應)
H田中凌馬(商4・長崎東)
7山本晃大(総1・浦和学院)
6[3]嶋田翔(環3・樹徳)
H 3福井章吾(環2・大阪桐蔭)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
H橋本典之(環2・出雲)
1津留﨑大成(商4・慶應)
H5下山悠介(商1・慶應)

汗ばむ日差しの中、この日は慶大が先攻。東大の先発は2年・小宗だった。初回から四死球で1死満塁のチャンスを迎えた慶大だったが、続く5番・正木智也(政2・慶應)の放った打球は惜しくもサードのミットに収まり併殺打に倒れた。慶大の先発は当然のごとく髙橋佑樹(環4・川越東)。毎試合立ち上がりに不安がある髙橋佑だがこの日も不安が的中した。2番・山下朋に左前へ安打を許し、続く辻居に死球を出してしまう。1死一、二塁のピンチで打順は4番・岡に。左中間へ堂々の本塁打を放たれ、3点の先制を許してしまった。

3回、ぽつり、ぽつりと雨が落ち、雷鳴がかすかに聞こえ始めた頃、慶大打線が根気を見せた。渡部遼人(環2・桐光学園)が四球で出塁すると、すぐさま盗塁に成功。中村健人(環4・中京大中京)が左前に打球を放ち、持ち味の足の速さを生かして渡部遼がホームベースを踏んだ。その後も四死球が続き、1死満塁のチャンス。小原和樹(環4・盛岡三)の中前適時打によりさらに2点の追加に成功し、同点に追いついた。

5回表、嶋田翔(環3・樹徳)の安打や四死球が重なりまたも2死満塁。ここでバッターボックスに立ったのはリーグ戦通算100安打まであと5本と目前に迫った柳町達(商4・慶應)だった。「甘い球をしっかり」狙った柳町はフルカウントから粘り、逆転の2点適時打を放つことに成功した。

このまま流れに乗りたい慶大だったが、雷雲の接近により試合は一時中断。選手の集中力が切れることが心配されたが、試合再開直後の相手打線を三者凡退に抑えた。その後、郡司裕也(環4・仙台育英)の適時打や四死球が重なりさらに2点を追加。スコアは7対3になり東大を突き放した。


津留﨑は150キロをマークした

6回裏にマウンドに上がったのは今季初登板の津留﨑大成(商4・慶應)だった。最速150キロのストレートを見せ、その1球1球に応援席からは拍手が送られた。6、7回をパーフェクトで抑えた津留﨑に応えるように、8回表、正木が左前安打を放ち、代打で福井章吾(環2・大阪桐蔭)が送り込まれた。今季代打での出場が多い福井。「意識していた」という初球をしっかりと捉え、ライトスタンドへ大きなアーチを描いた。リーグ戦初本塁打となった。さらに、打席に立ったのはリーグ戦初出場となった1年・下山悠介(商1・慶應)。昨年、慶應義塾高校を10年ぶりの甲子園に導いたヒーローの登場に応援席のボルテージは最高潮になる。四球で出塁すると打順は再び、柳町に。フルカウントから左方向に鋭い打球を放ち、下山がホームインした。この回3得点をあげ、慶大応援席では大量得点時にのみ歌われる「おお我が慶應」が響き渡った。


リーグ戦初本塁打を放った福井

8回から登板したのは石井雄也(商4・慶應志木)。代打・安田に安打を許すと、打席に立ったのは青山。待っていたと言わんばかりに東大側は盛り上がる。東大応援席からは「不死鳥」が流れ出した。石井は完全に東大ムードに呑まれてしまい、青山がセンター前に安打を放つと送球がやや逸れ、1点の追加を許してしまう。


リーグ戦初出場を果たした下山

最終回はお互いに譲らず、最後はこちらもリーグ戦初出場の山本晃大(総1・浦和学院)が落ち着いてフライをキャッチし、令和初戦を白星で飾った。

初回から先制本塁打を浴びるも粘り強く得点を重ねて勝利した慶大。終盤ではリーグ戦初出場となる1年生2人の起用も見られ、これからの活躍が楽しみになる試合となった。まるで今日の天気のような波乱の展開だったが、これも慶大らしさであろう。今季初となる津留﨑の登板もあり、今年も投手陣の盤石さを見せつけた。明日も勝利し、令和初の勝ち点を挙げたい。

(記事:左近美月 写真:菊池輝)

◆打撃成績

   123456789

1[5] 8柳町四球二ゴロ四球中安②空三振左安
2[8]渡部遼二ゴロ四球死球
杉本一ゴロ
8水久保左飛逃三振
1石井
3[9]中村四球左安①投犠打中3二飛空三振
4[2]郡司死球逃三振三直中安①捕邪飛空三振
5[7]正木併殺打死球死球空三振左2
田中凌右飛
7山本晃
6[3]嶋田右飛四球左2中飛
H3福井右本②左飛
7[4]小原死球中安①三ゴロ四球四球
8[6]瀬戸西死球右犠飛①逃三振死球中飛
9[1]髙橋佑中飛遊直四球
橋本典四球①
1津留﨑
H5下山四球

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責

髙橋佑5187739133
津留﨑262004000
石井 293624111

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

━━今日の試合を振り返って

言いようがないですね。相手が記録になるような四死球の数の中で、前半先制のホームランを打たれてしまい、残塁の数も多かったです。攻撃は難しいなという展開でした。

━━雷で一時中断もありましたが選手たちの様子は

全然、いつも通りでした。いたって問題なかったです。

━━福井選手は本塁打もありました。

期待して出していますし、いいバッティングだったと思います。

━━津留﨑投手は今季初登板でした。

いいピッチングをしてくれたと思います。いっとき体調の問題もあって調整送りかなという感じでしたが今日は良かったと思います。

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

━━雨天中断もあった中での今日の試合を振り返って

中盤はうちのペースで野球が出来たのでそれは良かったかなと思います。

━━初回からビハインドの展開でしたが監督とどのようなコミュニケーションを

全然焦る事はないと。これ以上点を取られなければ大丈夫だという話をしました。なので点を取られて浮き足立つ事はなかったです。

━━5回の勝ち越しタイムリーを振り返って

サードランナーを絶対返すという気持ちで打席に入りました。

━━明日の試合に向けて

今日は序盤ちょっとバタバタしてしまったので明日は初回からうちのペースで出来るようにやっていきたいと思います。

柳町達副将(商4・慶應)

━━今日の試合を振り返って

苦しい展開でしたが、勝てたのはよかったです。

━━東大投手陣の制球があまり定まらない中、狙い球などはどのようにして決めましたか。

(制球が)乱れているので、甘く入ってきた球をしっかりと、ということを意識しました。

━━8回のタイムリー、どんなことを意識して打席に立ちましたか

狙いは変わらず甘い球をしっかり、というところの中で2ストライクと追い込まれてからしっかり粘ってという感じで打つことが出来ました。

━━今日2安打で打率5割キープ、100安打まで3安打、その辺りは

あと3安打だが出来るだけ早く達成してチームに貢献できるように、(100安打は)1本の積み重ねだと思うので、それが出来ればなと思います。

━━明日の意気込み

明日もしっかり勝って、勝ち点1をゲットしたいと思います。

髙橋佑樹(環4・川越東)

━━今日の試合を振り返って

1回にああいうかたちで先制されてしまって、ここ最近ずっと先制点を相手に与えているので、すごく反省しなきゃいけないなと思います。

━━ご自身のピッチングを振り返って

立ち上がりに点数を取られてしまったというのが一番です。

━━1回に3点を先制された後どのように気持ちを切り替えましたか

3対0で試合が進んでいくゲームじゃないと思っていたのでここから大量点につなげないようにと考えました。

━━リーグ戦ここまでを振り返って

野手の力や逆転してもらったり、助けてもらっている試合がほとんどなのでここからは野手が辛い時に助けられるように出来ればなと思います。

津留﨑大成(商4・慶應)

━━今日の試合を振り返って

登板するって言われていたのでそれに向けてしっかり準備できたのと、法政戦ではベンチを外れていたりしたのでなんとかチームの勝利に貢献したいなっていう思いで投げました。

━━ご自身の投球内容を振り返って

自分自身の投球を俯瞰して投げようって思っていたので、それができたのが良かったかなと思います。ただ抜けてる球もありますし修正しなければいけない部分もあるので、それを向上心持って現状に満足せずやっていきたいと思います。

━━ストレートは最速150キロでした

練習でも出ていますし今シーズンは150キロまでだったので最速タイって形です。大学入ってからだと152キロがありますけど、まあ慶應で4人目なんでそんな驚かれるほどのことでもないかなと思います。

━━投手キャプテンとして慶大投手陣の球速が上がっていることをどうお考えですか

各々要因があると思うんですけど、僕の場合は筋力トレーニングやったりっていうのがありますけど、それぞれが自分に合ったトレーニングや練習方法を考えてそれで150キロ出るっていう結果なんで、投手陣としてこれをしたっていうのはないんですけど、ひとりひとりが自分と向き合って向上心を持ってこのオフ練習してきた結果がこうなっているのかなという風に思います。

━━第1寮ボディービル部も関係しているのでしょうか

僕は常にトレーニングしていて筋力で投げているタイプなんで関係していますけど、でも木澤とか佐藤とかは各々自分に合ったトレーニング法でやっているんで、どうなんですかね…でも今シーズンの中村のパワーだったり柳町が大きいホームラン打ったりっていうのはみんなでトレーニングしてきた結果かなっていう風に思っています。

━━明日の試合に向けて

明日も今日みたいな展開があるかもしれないですけど、受け身にならず食らいついてやっていければなと思います。

福井章吾(環2・大阪桐蔭)

━━今日の試合を振り返って

先制されて苦しい展開だったんですけど、自分たちの野球をやろうとずっと言ってきたので、特に焦ることなくしっかり逆転して自分たちのペースでできたと思います。

━━リーグ戦初本塁打となりましたが、率直な感想をお願いします

嬉しい、というのが一番ですけど、ホームランというのは結果であって、ヒットを打つつもりでいたのでホームランになってくれて良かったと思います。

━━初球で仕留めましたが

この前の法政戦の打席で初球を仕留めきれなくて、この1週間「初球」をテーマにずっと打ってきたので、その上で初球をしっかり捉えられたのは良かったと思います。

━━代打での出場が続いていますが、特別に意識していることはありますか

ある程度、流れを読みながら「ここは代打ありそうだな」、「ここはなさそうだな」と自分の中でスイッチオン・オフ入れて準備をしているので、代打が来るときは100%準備をして臨めていると思います。

━━明日の試合に向けて

もちろん自分が打つという気持ちはありますが、チームが勝つことが最優先なので、とにかくチームの勝利に貢献できるように声出して、打席でチャンスが回ってくれば一本打って、勝ち点をあげたいと思います。

下山悠介(商1・慶應)

━━今日の試合を振り返って

前半うまくいかないようなこともあり、もしかしたら危ないかなということもあったのですが、先輩方が落ち着いて要所要所を締めていていたので流石だなと思いました。

━━リーグ戦初打席でした、どんな気持ちで打席に立ちましたか

打席入るまでは緊張してふわふわした感じであまりよくない入り方だったと思うのですが、直前であったりとか昨日、一昨日としっかり準備はしていたので自信を持って打席に入ることが出来ました。

━━中断があった中でベンチの雰囲気はいかがでしたか

一旦落ち着いて、もう一回集中していこうというポジティブな声がたくさん飛んでいたので、だらけたりすることはなく、先輩方が集中して良い雰囲気のまま中断後も入れたと思います。

明日の試合に向けて

チームとして良い雰囲気でやっているので、とにかくまずは東大から勝ち点を取ることを意識して、個人的には今日みたいに出番があるかもしれないので、自分の出来ることを精一杯やっていきたいと思います。

山本晃大(総1・浦和学院)

━━今日の試合を振り返って

僕がリーグ戦でベンチに入ったのは初めてだったのでどういう雰囲気なのかも全然わからないところから始まったのですが、東大に3点とられてもベンチの中はまだいけるんじゃないか、自分たちがやってきたことはまだまだあるからそれを信じてやっていこうという感じでした。そこが強さだと思っているので、先輩たちの強さが今日出たのかなと後輩ながらに思います。

━━守備につく前どんな気持ちでしたか

正直、「守備か…」と思いました。代打かなという気持ちで入っていたのですが、守備だったので余計に緊張したというか、どうしようかなという気持ちでした。学生スタッフの方などにノックに付き合ってもらったり中村健人さんなどの先輩に教わりながら毎日練習していたので、練習でやってきたことしか出ないと思って練習してきたことを信じてやろうという気持ちでした。

━━3年前に同じお名前の山本瑛大さんという方がいらっしゃったのはご存知でしたか

高校の時や高3終わってから慶大の試合は気になって何試合か見に行っていて、現役中も話は聞いたりしていたので、山本瑛大さんがいるというのは知っていました。僕自身は直接かかわったことがないので意識はしていませんが、周りの先輩方に瑛大さんに負けるなよというのはよく言われます。首位打者を獲られたということで、僕も負けないようにそういうすばらしい先輩がいるので目標にして越えられるように4年間積み上げていきたいと思います。

━━浪人で慶大に入学した理由は

僕の出身校から慶大に入るのはありえないというか珍しいケースで反対もされたのですが、夏の高校野球が終わってから大学を考え始めた時に、兄が野球部ではないのですが慶大にいて、野球部良い部活だよという話を聞いていて、気になって個人的に練習などを見に行った時に、先輩や後輩関係なくファミリーという感じの部活で良い部活だなと思いました。それが慶大を目指した理由でもあり今、実際に入部してから良い部活だなと実感しているところでもあります。

━━慶大の練習に参加していかがですか

1つ1つのことに対して時間は短いのですが、無駄なところがなくて、1人1人が意識を持って参加しているなと思います。ミーティング1つをとっても、Bの選手などもミーティングの場にしっかり自分の意見を持って参加していて、そこに強さがあるのかなと思います。

━━今季の目標を教えてください

まずはベンチ入り、そして初ヒットを達成できるように頑張ります。