4月27日、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する『FIFA 19』によるeスポーツ大会「UEFA eChampions League(以下eCL)」が開催された。予選ラウンドの残り試合と決勝トーナメントの2試合が行われた。世界大会初出場となる若干20歳の日本代表ジェイターレ選手(BLUE BEES ESP所属)が、大会ベスト16に進出する大躍進を見せた。

同選手は予選ラウンド最終戦、世界ランキング7位の強敵ポルトガル代表ツガ選手を破る大金星を挙げ、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦も見事に勝利し、マドリッド決勝大会への出場が懸かる、ベスト8決定戦に辿り着く。最後は、FIFA世界大会常連のニューヨーク・シティFC所属クリス選手に2対3で敗れたが、あと僅かのところまで迫った。

なお、もう1人の日本代表であるナスリ選手(横浜Fマリノス所属)は、予選ラウンド序盤の成績からは挽回したが、最後にPKの失敗などミスが響き、決勝トーナメント進出を逃した。

以下、VAMOLAとeCL公式Twitterを引用して、大会2日目の最終日を振り返る。

■予選ラウンド第5試合

■予選ラウンド第6試合

■予選ラウンド最終試合

■決勝トーナメント1回戦

■ベスト8決定戦

■マドリッド決勝大会進出の8選手が決定

なお、eCL決勝大会は実際のチャンピオンズリーグ決勝の地マドリッドで、チャンピオンズリーグ決勝が行われる前日となる5月30日に開催される。eフットボール大会とフットボール大会の決勝を同時期に行う初の試みとなっている。

■関連リンク

UEFA eChampions League公式サイト https://www.ea.com/ja-jp/games/fifa/fifa-19/compete/events/fifa-19-global-series-echampions-league

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)