4月19日~21日の3日間にわたり、アーバンスポーツの国際大会「FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019」(以下FISE)が広島市で開催された。そのエキシビションとなるeスポーツ大会「FISE HIROSHIMA 2019 Exhibition eSPORTS Battle」が同時に開かれた。

20日には競技タイトル「ウイニングイレブン2019」を実施。海外からの招待選手に、元プロサッカー選手という経歴を持つ韓国人ペア、カン・フン選手とイ・デヒョン選手が出場。お茶目なゴールパフォーマンスでも会場を盛り上げながら、実力もしっかりと示し見事に準優勝を飾った。

試合終了後、VAMOLA編集長・ちゃまくんがインタビューを敢行した。

■カン・フン選手&イ・デヒョン選手インタビュー


(写真:左、カン・フン選手、右、イ・デヒョン選手)

ちゃまくん:決勝戦の相手、日本のエビプール選手とtarako選手は強かったですか

カン・フン選手:正直に言って、我々より実力が上だったと思います。やはり、エビプール選手とtarako選手は準備をしっかりしてきたことが、プレーの中から感じられました。

ちゃまくん:2人はふだんから一緒にプレイするのですか

カン・フン選手:もちろんお互いのことは知っていましたが、実際に会うのは今回が初めてでした。FISE出場が決定してから1ヶ月も無かったので、もう少し2人で準備に時間を割けられたら、もっと良い試合を見せられたのではと感じています。

イ・デヒョン選手:日本チームの方が組織力が上回っていました。やはり、連携の点で僕たちに力が足りなかったと思います。

ちゃまくん:2人はプロサッカー出身とのことですが、ウイニングイレブンにその知識は活きていますか

カン・フン選手:はい。実際のサッカーの知識や経験が、サッカーゲームにもとても役立つと感じています。

ちゃまくん:では、プロのサッカー選手が現役を引退した後に、eスポーツのプロ選手を目指すことは現実的だと思いますか

イ・デヒョン選手:もちろん可能だと思います。実際のサッカーの戦術的な知識だったり、ボールの動かし方だったり、サッカーゲームに繋がることが多いと思うからです。今後、もっと私たちのような(元プロサッカー選手の経歴を持つ)存在が増えてくれば良いなと思います。

ちゃまくん:実際のサッカーの日韓戦は非常に盛り上がります。eスポーツ(eフットボール)でも、日韓戦が盛り上がっていくと思いますか

カン・フン選手:はい。eスポーツにおいても、日本と韓国はライバル国として同じだと思います。切磋琢磨できる良い関係を築けたら、とても素晴らしいことだと思います。

ちゃまくん:韓国はeスポーツ先進国で、いろいろなタイトルが人気と聞きます。韓国におけるサッカーゲームの状況はいかがですか

カン・フン選手:韓国ではコンソール(プレイステーションやXbox)よりPCゲームが人気です。ただ、サッカーゲームもオンライン大会が中心だったものから、オフライン大会がどんどん増えています。盛り上がりは大きくなっていると感じています。

ちゃまくん:今日は、日本までありがとうございました。

両選手:ありがとうございました。

※VAMOLA eFootball Newsは、FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2019のオフィシャルメディアパートナーです。

■関連記事

FISE広島eスポーツ国際大会、ウイニングイレブンはエビプール選手&tarako選手が優勝!日韓対決の決勝戦を制す https://efootball.jp/2019/04/20/fisehiroshima2019_6/

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)