※連盟規定により7回打ち切り

TEAM
東 大  
早 大  10
(早)○森田、雪山―尾﨑、高鍬
◇(二塁打)今井、尾﨑、宇都宮

 神宮の朝は早い。『1軍のベンチ入りメンバーでない下級生にも出場機会を』というコンセプトで朝7時台より2時間限定で行われる東京六大学春季フレッシュリーグ(フレッシュリーグ)。早大は、その初戦で東大と対戦した。試合は序盤から得点を積み重ね、相手にはほとんど好機をつくらせない一方的な展開。連盟規定の時間制限により7回で打ち切りとなったが、大量10得点を奪い、鮮やかな完封勝利を収めた。

 打線は初回、敵失で広げた好機に3番・澤田健太朗(文2=福井・高志)が応える。「何とか一本出したかった」と振り返った一打は、鋭く中前へ運ぶ適時打に。幸先よく先制に成功する。その後の3回。この日4番に入った今井脩斗(スポ2=埼玉・早大本庄)、さらには5番・尾﨑拓海(社2=宮城・仙台育英)、7番・清水大翔(スポ2=大阪・早稲田摂陵)、先頭にかえって2番・小西優喜(文構2=東京・早実)の計4人に適時打が飛び出し、打者11人の猛攻で一挙6点を追加する。さらに続く4回には、8番・宇都宮匠(教2=早稲田佐賀)にも適時二塁打が生まれるなど、終わってみれば10得点。がむしゃらにプレーする若き精鋭たちが猛烈なアピール合戦を演じてみせた。


先制打をたたき出した澤田。調子は良好だ

 先発を任されたのは森田直哉(スポ2=早稲田佐賀)。高校時代はエースとして早稲田佐賀高を創立以来初の甲子園出場へと導き、今季開幕前の沖縄キャンプや春季オープン戦では1軍にも帯同した期待の左腕だ。この日は立ち上がりからテンポの良さが際立つ投球。チェンジアップやスライダーを主体とする変化球でカウントを稼ぎ、次々と凡打の山を築いた。「自分の投球でチームを盛り上げたかった」と、5回1安打無失点の内容でチームに流れをつくった。6回からはルーキー雪山幹太(教1=東京・早実)がフレッシュリーグ初登板。高校野球が好きな人なら、『清宮幸太郎(北海道日本ハムファイターズ)を擁したおととしの早実高で2年生エースとして活躍した雪山』と記憶している人もいるかもしれない。そんなホープの初登板は、直球が高めに浮き制球に苦しむマウンドに。いきなり2四球を与えたが、それでも変化球を織り交ぜた冷静な投球で後続は断った。結果として2回無失点と、堂々の大学デビュー戦となった。


先発・森田はテンポ良く抑え、味方の攻撃に流れをつくった

 早朝から始まるフレッシュリーグ。華の早慶戦では満席となる神宮のスタンドを見渡しても、そのほとんどが空席だ。しかし、だからと言ってこの大会の重要性が低いのかと問われたらそれは違う。実際に現在1軍で活躍する選手の中には、このフレッシュリーグでのアピールがきっかけとなりベンチ入りを果たした者も少なくないからだ。次戦は5月11日の立大戦。今回のように一人一人が全力でプレーし、最終的にフレッシュリーグ優勝を勝ち取りたい。

(記事 吉岡拓哉、写真 柴田侑佳、宇根加菜葉)

コメント

森田直哉(スポ2=早稲田佐賀)

――きょうは先発マウンドを任されましたが、どんな気持ちで投げましたか

自分は沖縄キャンプにも連れて行ってもらえて、昨年の(東京六大学春季)フレッシュリーグも経験しているので、学生コーチの杉浦さん(啓斗、文構3=東京・早実)から「おまえが(チームを)引っ張れ」と言っていただきました。なので、自分の投球でチームを盛り上げようと思って投げました。

――きょうは何を意識して投げましたか

やはりテンポ良くということを意識して、3球で追い込むことを監督(小宮山悟監督、平2教卒=千葉・芝浦工大柏)からも言われているので、そこは意識して投げました。

――テンポ良くという意識の中で、初回からクイックモーションで投げていましたが、何かテーマがあったのですか

今は足を上げるところでうまくいかない部分があるので、きょうはクイックでいいので球速よりも制球面を意識して投げました。

――球種としては、何を主として投げましたか

きょうはチェンジアップでカウントが取れましたし、スライダーでも空振りが取れたので、そこは良かったかなと思います。

――最後に、今後の1軍ベンチ入りに向けての意気込みをお願いします

このフレッシュリーグでしっかりアピールして、1軍で投げても活躍できるような投球をどんどん見せていきたいと思います。

澤田健太朗(文2=福井・高志)

――東京六大学春季フレッシュリーグ(フレッシュリーグ)初戦でしたが、どのような気持ちでどの臨みましたか

ここ最近練習試合でも苦しい戦いが続いていたので、チームの雰囲気だけは上げていこうと思って。初戦を勝って、(東京六大学春季リーグ戦で戦う)先輩たちにいい流れを持っていこうという気持ちで臨みました。

――1打席目で結果を出しました。あの打席を振り返ってください

これも練習試合でチャンスをつくってもらっていたんですけど、なかなか結果を出せていなかったので、何とか一本出してチームにいい流れを持っていこうと思って打席に立ちました。

――打った球種は

真っすぐです。

――初球から積極的に振っていこうという意識でしたか

そうですね。甘いボールはしっかりといこうと思って打席に立っていました。

――2安打を放ちましたが調子は

結構いい感じで打てていると思うので、このまま調子を崩さずにやっていきたいなと思います。

――今後アピールしていきたい点は

きょうみたいにコンスタントにヒットを重ねていくことができれば、チームも流れに乗ってくると思うので、そういうバッティングを意識していきたいなと思います。

――フレッシュリーグを通してチーム全体で統一していこうというものは何かありますか

雰囲気だけは落とさずに、チーム全員で一つになって勝ちにいこうと。それだけは意識してやっています。みんなで声出して、チーム力で勝とうと話しています。

――今後に向けての抱負をお願いします

次の立教は強いので、チームが一つになってチーム力で勝てればなと思います。頑張ります。