東京大学 1 - 13 早稲田大学
勝: 早川 敗: 小林大
本塁打:早大・金子 1号(2回)、檜村1号(6回)

早大先発の早川(③木更津総合)が安定した投球、撃っては17安打13得点と打線が爆発し、早大が先勝!

1回裏、2死1塁2塁から早大・5番檜村(④木更津総合)がライト前へ先制タイムリーヒット!2死から打線が繋がり、早大が初回に幸先良く先制する。
2回裏、1死2塁3塁から早大・1番瀧澤(③山梨学院)が右中間へ2点タイムリースリーベースヒットを放つと、続く2番金子(③早稲田実)は左中間へ初となる2ランホームランを放ち一気に5点を追加。リードを広げる。

東大も反撃の糸口を見い出す。
4回裏、東大2番手の坂口(④日比谷)がこの回をわずか5球で早大打線を三者凡退に抑える投球で流れを渡さない。

しかし5回裏に早大が1点を追加すると、6回裏、2死1塁2塁から早大・5番檜村(④木更津総合)が左中間への2ランホームランで2点を追加し、リードを10点に広げる。

東大は7回表、2死1塁から東大・7番山下朋(④東海)がレフトへのタイムリーツーベースを放ち1点を返す。
しかし後続が続かず、追加点は上げられない。

早大はその後も着実に追加点をあげ、17安打13打点と打線が繋がり、今季初戦を快勝でスタート。