慶應義塾大学 4 - 1 立教大学
勝:髙橋佑 敗: 田中誠
本塁打:なし

 

慶大は初回、2死1塁2塁から5番・正木(②慶應)のセンターへのタイムリーで幸先よく先制点を奪う。

立大も2回裏に反撃を開始。2死3塁のチャンスで立大・田中誠(④大阪桐蔭)がレフトオーバーのタイムリーツーベースを打ち、自らのバットでゲームを振り出しに戻す。

しかし慶大は4回表、8番・瀬戸西(③慶應)のセンターへしぶとく運ぶタイムリーで再び勝ち越しに成功。さらに8回表、9回表にも貴重な追加点をあげリードを広げる。

慶大先発の高橋佑(④川越東)は7回1失点8奪三振の好投を見せると、2番手・高橋亮(④慶應湘南藤沢)も2回4奪三振の好リリーフ。”高橋”リレーで慶大が先勝する。

立大はランナーを出すも打線が繋がらず、2点目が遠かった。しかし柴田(①札幌一)と山田(①大阪桐蔭)の1年生2人がリーグ戦初出場を果たし、見せ場を作るなど次戦への収穫もあった。明日の2回戦に期待したい。