いつの間にやら”投手王国”だ。息詰まるハイレベルな投手戦の末に、龍谷大平安(京都)にサヨナラ勝ちし、初の甲子園ベスト4進出を果たした明豊。

 初戦の横浜戦、2回戦の札幌大谷戦に先発した背番号1を背負う2年生左腕の若杉晟汰(せいた)。その2試合でリリーフ登板し、140キロ超のストレートを武器に好投した長身(184センチ)右腕の大畑蓮(3年生)。そして準々決勝で先発のマウンドを任されたのが背番号18の右腕・寺迫涼生だった。



龍谷大平安戦で先発して好投した明豊の寺迫涼生

 寺迫は途中、得点圏に走者を背負う苦しい場面もあったが、最速142キロのストレートに、ツーシーム、スプリットを巧みに織り交ぜ、5回を0点に抑える好投で試合の流れをつくった。その後、若杉、大畑へとつなぎ、龍谷大平安に1点も許さなかった。

 試合後、龍谷大平安の原田英彦監督は「相手にはエース級の投手が3人いた」と脱帽した。

 先発した寺迫だが、センバツの抽選日前日に滑り込みでメンバー入りした。1年秋から昨年夏までチームのエースナンバーを背負ったが、右ヒジの故障で秋の九州大会を回避。そのために全国的に知られることなく、センバツを迎えた。

 この寺迫の先発は原田監督にも想定外だったはずで、試合前取材で明豊の投手陣について聞かれた時も「左の若杉くんは運動神経が高く、右の大畑くんは大型だけど器用」と、寺迫の名前が出てくることはなかった。

 一見すると、寺迫のセンバツは奇策にも思えるが、決してそうではない。明豊の川崎絢平監督は、試合前に次のように語っていた。

「もともとはウチのエース。調子もいいし、エースとしての責任感とプライドに期待しています。去年の秋に投げられなかった悔しさをこの舞台で晴らしてほしい」

 赤峰淳部長も続く。

「あくまで勝つための起用です。直前の練習試合では球速も142キロまで戻ってきたし、何よりツーシームがキレています。龍谷大平安のように右打者を多く並べたチームは苦労すると思いますよ。初見の強みにも期待しています」

 状態のいい寺迫を先発で使ってみたいと考えた川崎監督は、投手を担当している赤峰部長に相談すると「今のツーシームならサードゴロをたくさん取れるはず。十分行けますよ」と太鼓判を押されたことで決断したという。

 本人に伝えたのは試合前日で、寺迫は「ウズウズしていた」と満面の笑みで応えた。

 寺迫の力投をスタンドで見ていた溝上勇(現・太成学院大)は、2017年夏の甲子園で明豊の背番号18を背負い、ベスト8進出に貢献した右腕だ。溝上も右肩の故障で1年半を棒に振ったが、今回の寺迫と同じように甲子園直前にメンバー入りして好投。大学までプレーする道を切り拓いた。

「走者を背負っても堂々としていましたね。野手を信じきっているなと感じました。今大会の寺迫は1イニングでも投げることに意味があると思っていました。それが1イニングどころか5イニングも経験できた。普段は内心をさらけ出すことはなかなかありませんが、誰よりも努力できるヤツだということは、僕が一番知っています。彼の野球人生においても、すごく大きな登板だったのではないでしょうか」(溝上)

 試合後に「100点満点の投球だった」と寺迫を称えた川崎監督は、大会前にこんなことを語っていた。

「(寺迫は)ウチで一番経験のある投手。困った時、本当に大事な場面では彼に頼ることになるでしょう」

 明豊は最大のヤマ場と睨んだ準々決勝を、エースの復活によって乗り越えた。試合後、多くの報道陣に囲まれた寺迫は、硬い表情を崩すことなく、こう言い切った。

「自分のなかでは、あくまでエースだと思っています。今日は自分が主役の投球ができました」

 もともと強打のイメージが強かった明豊だが、試合ごとに安定感を増す投手陣。初の日本一も現実味を帯びてきた。