フィジカルなプレーでチームに貢献する、Bリーグ千葉ジェッツの原修太選手。鍛え上げられたから肉体から繰り出される、パワフルかつテクニカルなシュートの秘訣を公開します!


・合わせて読みたい→
千葉ジェッツ・原修太選手が教えるお手軽体幹トレーニング(https://cocokara-next.com/fitness/shutahara-trunk-training-01/)


1.レイアップシュート ノーマルver.

まずはレイアップシュートの定番、ドリブルから1、2の2ステップでシュート。これが全ての基本となります。

2.レイアップシュート ワンステップver.

相手ディフェンスが自分より大きい場合などに有効なレイアップシュート。相手のブロックのタイミングをずらすことがポイントです。①でやった1、2ステップの一歩目でシュートをします。

3.レイアップシュート応用編

原選手が得意としているというこのシュート。相手ディフェンス選手が大きな選手でも小さな選手でも、体を当ててから打つことを意識しているそう。
相手ディフェンスのブロックを飛ばせないようにすることが目的で、体を当てて相手の動きを止めるという利点があります。相手に体を当てて、外側の手でシュートをします。

まとめ

今日教わったシュートはたくさんのバリエーションの中の3つ。ほかにも色々なフィニッシュの仕方があるので、皆さんも実践してバスケを楽しんでください!


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]