日々モリモリ働く『バスケット・カウント』編集部。頑張りすぎると燃え尽きてしまうので、時には張り詰めたテンションを緩めるために会議と称して安居酒屋に集まります。飲み代負担ナシ(経費精算)、議事録ナシ、声のデカい者が勝ち、というストロングスタイル。キリリと冷えたビールがよりウマくなってきた春、バスケを愛する男たちが集まりました。
※雑談の雰囲気を損なわないため敬称略でお送りします ※ネタです

えいひれ お久しぶりでございます。
タコわさ ホントご無沙汰でしたね。
すじ煮込 クレーム入って消滅したかと思ってました。
タコわさ 実際、企画ってのはせめて季節ごとにやらないと死亡認定されますよね。
えいひれ いや別にクレームはないんだけどさ。
タコわさ 怒られる前からビビって自重してしまったと。
すじ煮込 それ、カッコ悪いですねえ。シュート打たないまま試合終了しちゃうガード的な。
えいひれ いや、実際この間にとある選手としゃべったんだけど「そんなの知らないって」。
すじ煮込 幽霊の正体見たり枯れ尾花、ですね。
えいひれ まあそんなことより、今週末の千葉ジェッツvs栃木ブレックス、どうよって話。
タコわさ おお、B1頂上決戦。
すじ煮込 レギュラーシーズン50試合を終えて千葉が43勝7敗、栃木は41勝9敗。
えいひれ B1全体で見ても成績が突出してる千葉と栃木の直接対決、女房子供を質に。。。
タコわさ おっと、最近そういう表現はダメですから、そこは自重してくださいよ。
えいひれ そうだった。バスケットLIVEかJスポーツに入ってでも、で。
すじ煮込 まあそれは良いとして、千葉と栃木は今シーズンの過去4試合で2勝2敗です。
えいひれ おお、さすが実力伯仲だね。
すじ煮込 でも、ブレアリで栃木が2勝1敗、千葉はポートアリーナで1勝。今回は船アリです。
えいひれ なるほど。ブレアリでの栃木は超強いけど、そのアドバンテージはないのか
タコわさ ま、どこに行ってもホームアリーナみたいなのも栃木の強さなんですけど。
すじ煮込 そこは千葉としても負けられないところですね。
えいひれ まずはスタンドの色がどうなってるかの対決ね、面白そう。

えいひれ で、試合展開と結果の予想としてはどんな感じ?
すじ煮込 それが難しいんですよ。千葉は10連勝中、栃木はここ13試合で12勝。
タコわさ 強いて言えば、天皇杯決勝で栃木に勝ってる千葉が実績では一つ上かなーと。
えいひれ その決勝にしても、延長の末に富樫のラストショットで逆転勝利。差はないよな。
タコわさ 勝った負けたは大事なんで。
すじ煮込 でも、ゲームプランとしてはロースコアに持ち込んだ栃木の展開だったんですよ。
タコわさ なおさら難しい。。。
えいひれ まず、ロシターとギャビンのところは相殺で差が付かない、でOK?
タコわさ でしょうね。
すじ煮込 異議なし。
えいひれ ギブスvsパーカーは?
タコわさ 集中してる限りはギブスじゃないですかね。矛を盾が上回る感じで。
すじ煮込 ギブスがにらみを利かしてる状態のゴール下には飛び込めなさそう。
えいひれ まあ、誰から見てもギブスのディフェンスへの信頼感って半端ないよな。
タコわさ 昨シーズンを通しての栃木の苦戦も、結局はギブス復帰でほぼ解決したわけで。
すじ煮込 でも、パーカーを捕まえていられるのが前提なんで、裏を取られたらダメです。
タコわさ 裏を取ったら忍者プレー炸裂必至なので、そのシチュエーションをどう作るか。
えいひれ 結局のところ、バックコートで優位を作れるかどうかか。
すじ煮込 ですね。そこで常に先手を取ると仮定すれば、ギャビンもロシターに勝ちます。
えいひれ で、先手は取れるの?
タコわさ そこが悩ましいところで(笑)。
すじ煮込 栃木のプレッシャーディフェンスはマジでエゲつないですからね。
えいひれ 攻めるディフェンスね。
タコわさ どちらかというと責めるディフェンスです(笑)。
すじ煮込 全員が守れるんですけど、今シーズンは鵤のフィジカルな守備もエグいし。
タコわさ 当然ながら遠藤もエグいわけで。それでスイッチするとギブスが来る(笑)。
えいひれ エグすぎる(笑)。

えいひれ 超エグい栃木のブリッツだけど、ここで『ブリッツ』を説明してくれたまえ。
タコわさ ピック&ロールに対する守り方ですね。ピックした瞬間に行くダブルチーム。
すじ煮込 ブリッツの意味は奇襲、そこでエグいプレッシャーを掛けてボールを奪います。
えいひれ なるほど。『ブレッツ』だったら比江島のテンションが下がると思ったわ。
すじ煮込 弾丸と奇襲なんで、似てないし違います(笑)。
タコわさ とにかく栃木のブリッツはプレスの強度も強いし呼吸も抜群で、かわせない。
えいひれ 勝負どころの本気モードになると、さらに一段階ギアが上がるしね。
タコわさ そこを富樫と石井でかわせるかどうかがまず一つ大きなポイントですね。
すじ煮込 言ってしまえば単なるトラップで、冷静に対処すれば優位を作れるんですけど。
えいひれ 冷静に対処できないぐらいの圧力なんだよなあ。
すじ煮込 しかも、かわしたところでロシターもギブスも異常なまでに守備範囲が広い。
タコわさ エゲつないよなあ。
えいひれ 京都ってどうやって82得点も奪ったんだっけ?
タコわさ マブンガがボールを運んで、サイモンとのツーメンゲームで押し切りました。
すじ煮込 困ったらマブンガがロシターとの1on1、これを決めまくって39得点。
えいひれ 真似できないから参考にならん(笑)。
タコわさ 千葉としては絶対やらない方法ですからね。
すじ煮込 富樫と石井でかわせるかが問題ですが、西村のケガも結構な痛手になりそうです。
えいひれ 藤永がコントロールする時間帯がカギになるかもね。
タコわさ こういうところを栃木は強烈に狙ってきそうだし。

えいひれ 逆に、千葉のトランジションオフェンスが決まりまくる展開はナイ?
タコわさ ないでしょうね。これほど一方的な展開にならなさそうな試合もないぐらいに。
すじ煮込 あるとしたら、オフェンスリバウンドに固執して、なおかつ取れない場合?
タコわさ でも、安齋さんとしたら速攻だけはやられないよう徹底するでしょ。
すじ煮込 でしょうねえ。
えいひれ ロシターかギブス、どっちかが戻っていればイージーレイアップにならないしね。
タコわさ 一方的な展開があるとしたら千葉、でもほぼ間違いなく接戦になるでしょうね。
すじ煮込 ハイスコアリングゲームの接戦も考えづらく、重い重い栃木のペースに。
えいひれ でも、そこに持っていかれても千葉が勝つケースが今シーズンで3つあるんだよな。
タコわさ ホントに分からんです。このカードは。
えいひれ 普段だったらポストシーズンを見据えて出し惜しみすることもありそうだけど。
すじ煮込 今回に限っては絶対ないです。どうせこのカード、セミファイナルになるわけで。
タコわさ そこでホームアドバンテージを取れるかどうか、すごく大事。
えいひれ 優勝を左右しかねない要素だもんなあ。
タコわさ 大野さんも安齋さんも、そういう妙な計算ナシの全力勝負タイプですからね。
すじ煮込 名勝負製造機の名に恥じないカードですねえ。
えいひれ 予想しようかと思ったけど、何の予想にもなってない(笑)。
タコわさ 盛り上がってるからいいじゃないですか(笑)。
すじ煮込 たぎる!

えいひれ じゃあ、キーマンは富樫と石井ってことでいいかね?
タコわさ いや遠藤ですね。
すじ煮込 急に出てくる(笑)。
えいひれ 説明してもらおうか。
タコわさ 今シーズン、栃木が勝った2試合の遠藤は、6/9で16得点、9/13で25得点。
すじ煮込 おお。
タコわさ 負けた3試合は4/13で13得点、2/13で5得点とシュート入ってない。
えいひれ 天皇杯決勝は?
タコわさ 4/13で13得点。つまりは、遠藤のシュートが当たってれば栃木の勝利なんです。
すじ煮込 すごくソレっぽい!
えいひれ 遠藤とマッチアップするのは……アキか原、龍猛あたりか。
すじ煮込 誰がどんな形で当たっても相殺しそう(笑)。
タコわさ 相殺できれば千葉優位、遠藤を止められなかったら栃木ってことかな?
えいひれ じゃあバロメーターは遠藤のシュートってことで。
タコわさ うーん、ソレっぽいことを言ってしまった。
すじ煮込 さては自信ないですね(笑)。
タコわさ 本来はもう一歩踏み込みたいところなんだけど。

えいひれ コンディションが整ってるのはどっち?
タコわさ 喜多川と田臥さんが復帰、比江島もフィットしつつある栃木かな。
えいひれ 喜多川と田臥さんはまだ復帰したばかりだからあまり使わないかも。
すじ煮込 逆に言うと、ここで千葉のスピードを体感させれば感覚が戻るのも早いですよ。
タコわさ 言える。下位チーム相手にどんだけ慣らし運転するより、千葉と5分やればいい。
えいひれ 田臥さんは勝負どころで使おう。天皇杯の敗因のツメの甘さは出ないでしょ。
すじ煮込 その采配ができたら安齋さんスゴすぎですけどね。
タコわさ まあ、長らく休んで完璧だから復帰したという気配はあるよね。
すじ煮込 ギブスを先週末の横浜戦で休ませたのは、明らかにこの千葉戦への対策ですね。
タコわさ そして水曜の秋田戦ではロシターもギブスもプレータイムを制限してる。
すじ煮込 公輔がいるとは言っても帰化選手がいないですからね。そのへんも隙がない。

えいひれ 良い意味でどっちもやるバスケは変わらんと思うけど、選手起用は見どころ。
タコわさ 西村不在で、富樫をどこまで引っ張るかが千葉のポイントですかね。
すじ煮込 天皇杯決勝ではパーカーよりダンカンが光ったんで、ダンカンも気になります。
タコわさ 原はあそこでプレータイムもらえず、そこから発奮して後半戦は絶好調だし。
すじ煮込 龍猛キャプテンも天皇杯決勝では相手にとって嫌らしい、渋い仕事をしてました。
えいひれ でも、千葉が圧倒するとしたらパーカーが大活躍するんだろうなあ。
すじ煮込 それはありますね。パーカーこそがジェッツと言っても過言ではないです。
えいひれ じゃあ結局、どっち勝つの?
タコわさ 分からんですねえ。
すじ煮込 まあ、どうせ1勝1敗ですよ。
えいひれ ちょ、それは思っても口に出したら盛り上がりに水を差すじゃん(笑)。
タコわさ 連勝するのが難しいリーグだよ、というのはあるってことで(笑)。
すじ煮込 そこはやってみないと。まずはスタンドの色の比率をチェックするということで。
えいひれ まあそういうことでいいか。
タコわさ ですね。
えいひれ じゃあ次の話題は残留戦線、まずは北海道から行くか。
タコわさ もうええですって(笑)