2019年3月25日、株式会社コナミデジタルエンタテインメントは「実況パワフルプロ野球」シリーズが25周年を迎えたことを記念し、プレスリリースを公開した。さらに、シリーズ最新作『実況パワフルプロ野球』 (Nintendo Switch™)の発売日が今夏6月27日(木)に決定したことを伝えた。

パワプロ四半世紀を待ちきれず祝うかのように、昨年末から盛り上がりをみせていたカウントダウン。満を持して春、全国のパワプロファンに嬉しいニュースがもう一つ飛び込んだ。それは、音楽企画だ。

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』では、音楽アーティストとのタイアップ企画が決定。第1弾として、ロックバンド「BLUE ENCOUNT」(読み:ブルーエンカウント)がパワプロファミリーに仲間入り。KONAMIから本日到着したプレスリリースには「今後、様々な展開を予定していますので、人気アーティストとの豪華タイアップに、ぜひご期待ください!」とコメントが記載されていた。

昨シーズンのeBASEBALLシーンでは、音楽とeスポーツのコラボレーションが話題を集めたパワプロだけに、さらなる仕掛けがパワプロファンを魅了していくはずだ。

音楽タイアップ企画第1弾/ロックバンド「BLUE ENCOUNT」メンバーからのコメントは、以下。

____

田邊駿一(BLUE ENCOUNT) 小学生の頃、友達がそこまでいなかった僕は常に教室の端っこ保持者。そんな時、父が買ってくれたのがスーファミ版のパワプロでした その当時まだそれを持ってる人は皆無 端っこ保持者は、気付けば教室と話題の真ん中で得意げに笑っておりました パワプロは今も昔も誰かにとっての仲間の輪を広げてくれる大事な存在になっているのだと思います。今回作った曲は、何もできなかったあの頃の自分に 何かを壊して進めたあの頃の自分に しっかりと思いを馳せて生み出せた作品です こんな時代だからこそ、 吠えたいように吠えれますように。

 

江口雄也(BLUE ENCOUNT) パワプロ3でひたすら友達と天才型を厳選し、サクセスにのめり込んだ小学校低学年時代。 親に内緒で買ったパワポケでひたすらミニゲームに勤しんだ小学校高学年時代。 パワプロ99の冥球島でひたすらキューバに負け続けた中学時代。 いくつものパワプロとの歴史を共に歩き、パワプロアプリと出会って早3年。 僕がゲームを語る上で、決して外せないものがこの実況パワフルプロ野球シリーズになります。 そしてそのパワプロの歴史に恥じないぐらいの楽曲を完成させることが出来ました。 アプリを楽しむ中で、僕たちの楽曲も一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

_____

「BLUE ENCOUNT」とは?

熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感 情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンドです。2014 年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。2016年10月には日本 武道館ワンマン公演「LIVER’S 武道館」も大成功に収め、2017年にはバンド史 上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー「TOUR2017 break”THE END”」も大盛況のうちに終了させました。そしてメジャーデビュー5周年、バンド結 成15周年となる2019年、6月からスタートするバンド史上初のホールツアー 「BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK(S)」へ向けて渾身 のミニ・アルバム『SICK(S)』を6月5日にリリース予定です。常に全力のパフォーマ ンスとシンプルで熱いメッセージを愚直なまでに伝え続ける彼らの姿勢に共感が止むことはありません。

Vo. Gt. 田邊駿一 Gt. 江口雄也 Ba. 辻村勇太 Dr. 高村佳秀〈ギターの江口氏は大のパワプロ好きを公言>  ◆「BLUE ENCOUNT」LINE公式アカウント LINE ID:@blueencount  ◆HP:http://blueencount.jp/ ◆Twitter:https://twitter.com/BLUEN_official

BLUE ENCOUNT Vo. Gt. 田邊駿一 Gt. 江口雄也 Ba. 辻村勇太 Dr. 高村佳秀