3月11日より中国の重慶で国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」(以下、WESG)にて、ウイニングイレブン2019(海外名:PES2019)部門が開催され、11日から2日間に渡って予選が行われた。

日本代表はアジア大会金メダリストのSOFIA選手。2月10日に行われた日本予選オフライン決勝トーナメントで優勝を果たして出場権を獲得した。

世界中から猛者が集結する中、4-4-2のフォーメーションで総合ポイント19を獲得。見事にトップで予選通過を果たし、準々決勝へ駒を進めた。

13日の準々決勝では早速、「PES LEAGUE WORLD TOUR 2018」の覇者、強豪エットリート選手と対戦することとなる。PES LEAGUEの覇者とアジア大会の覇者、いわばディフェンディングチャンピオン同士の対決とも言える。

■SOFIA選手の試合結果

【予選戦績・グループD】
6勝1敗1引き分け:総合ポイント19

VS カナダ代表wanna917
1-1
3-1

VS メキシコ代表MaestroSQUADpes
5-1
3-0

VS フランス代表stouma選手
4-1
2-3

VS イラン代表Hassan Pajani
2-0
4-2


(画像:準々決勝の対戦表)

■WESG JAPAN公式Twitter

WESG JAPAN公式Twitterが、SOFIA選手の予選前インタビュー動画を公開している。奇しくも、インタビューで名前を挙げていたエットリート選手と準々決勝で当たることになった。

■SOFIA選手Twitter

予選ラウンド終了後、SOFIA選手はTwitterを更新。決勝トーナメントへの抱負を語っている。

■本日、日本時間15時よりエットリート選手と対戦!

3月13日、日本時間15時より、準々決勝が開始。以下のWESG公式Twitchにて試合の模様が配信される予定だ。

Twitch
https://www.twitch.tv/WESG_PES

SOFIA選手にとって、引退直前に出場する大会となる。一戦でも多く、少しでも長く、最後の勇姿を見届けたい。

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)