写真:チョンヨンシク(右・T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月3日(日)苫小牧市総合体育館>

2月3日、苫小牧市総合体育館にてT.T彩たま(以下、彩たま)と琉球アスティーダ(以下、琉球)の試合が行われた。技術戦あり、心理戦あり、一進一退の攻防の末に両チームはヴィクトリーマッチへ突入。最終的には3-2で彩たまが勝利を手にした。

彩たま vs 琉球 各マッチの解説

1番:岸川聖也/黄鎮廷0-2丹羽孝希/有延大夢

彩たまからは岸川聖也&黄鎮廷(ウォン チュンティン)ペアが、琉球からは丹羽孝希&有延大夢の“明大コンビ”がそれぞれ出場した第1マッチ。とにかく、立ち上がりから琉球チームの動きに目を奪われた。気合、プレイ、試合運びと全てが素晴らしいのだ。攻撃的な姿勢なのに無駄なプレイを見せない。特に有延は前日の岡山リベッツ戦に出場しておらず、溜まりに溜まったアドレナリンを爆発させている。一球一球に魂を込めているのだ。岸川&黄も今まで結果を残してきたペアだが、この日は為す術がない。実力派を向こうに回した“明大コンビ”が、岸川&黄ペアを相手にストレート勝ちを収めた。
実は琉球は、この日までダブルスが8連敗中だった。しかし、この一戦で流れが変わるのではないか? チーム全体にとっても会心の試合だった。

2番:チョン ヨンシク3-0荘智淵

第1マッチを落とした彩たま。もう落とせない状況で、“エース”チョンヨンシク投入する。この期待にエースが応えた。
やはり、チョン ヨンシクと言えばバックハンドだろう。明らかに打ちにくそうな場所にボールが飛んできても、難なくバックハンドで打ち返す。これが世界ランク23位による“世界のバックハンド”である。琉球の荘智淵(ジュアン ジー ユアン)もフォアで対抗するものの、最終的にはチョンのストレート勝ちに終わった。
振り返ると、一日を通してのハイライトは2番だったか。このタイミングでチョンを投入した采配がチームに流れをたぐり寄せ、勝利を掴むキーポイントになっていたのだ。

3番:平野友樹1-3丹羽孝希

マッチカウント1-1で迎えた3番は、彩たまから平野友樹が、琉球からは丹羽孝希が登場した、明治大学の先輩後輩対決(先輩が平野で後輩が丹羽)である。
この試合は見ごたえのあるラリーが多かった。速いラリー、台から下がった大きなラリー、観客からスタンディングオベーションが起こった長いラリーなど、様々な攻防が次から次へと登場したのだ。
第3ゲームでは坂本竜介監督のタイムアウトが功を奏し、流れを掴みかけた平野であったが、最終的には後輩・丹羽が先輩・平野相手に勝利を掴んだ。決まり手は、意表を突いたロングサーブである。

4番:黄鎮廷3-0陳建安

彩たまから黄鎮廷、琉球からは陳建安(チェン ジエン アン)が登場した第4マッチ。
黄の良さと言ったら、ペンホルダーから繰り出す裏面打法と打球点の高いフォアハンド。この2つを駆使し、速い攻めで陳に隙を全く与えなかった。世界ランク8位の実力を存分に見せ付け、黄が完勝を収めている。

5番:チョン ヨンシク1-0陳建安

延長のヴィクトリーマッチに突入! 彩たまからはチョン ヨンシクが、琉球からは4番に続いて陳建安が登場である。
序盤から、どちらに流れが傾いてもおかしくない一進一退の攻防が続く。チョンのバックハンドを封じる陳が途中は押していたものの、後半はお互いにマッチポイントが2度ずつ点灯。最終的にはチョンが得意のバックハンドを決め、ヴィクトリーマッチを奪取! 彩たまが勝利をたぐり寄せた。好調のT.T彩たま、この日で5連勝目である。

スコア詳細:2/3 T.T彩たま 3-2琉球アスティーダ

岸川聖也/黄鎮廷 0-2 ◯丹羽孝希/有延大夢
4-11/2-11

◯チョン ヨンシク 3-0 荘智淵
11-8/11-9/11-6

平野友樹 1-3 ◯丹羽孝希
9-11/9-11/11-8/8-11

◯黄鎮廷 3-0 陳建安
11-7/11-6/11-3

◯チョン ヨンシク 1-0 陳建安
14-12

文:寺西ジャジューカ