2019年1月12日(土)午後、三井住友銀行/伊藤氏(リテールマーケティング部)が、e日本シリーズの会場で大会への想いを伝えた。

伊藤氏は「リアルとバーチャルのプロ野球、両方を応援していきたい。そして、今の若い世代とのコミュニケーションとしても嬉しく思います。凄い盛り上がりは想像以上!」とコメント。

e日本シリーズの会場(TFTホール)には、三井住友銀行オリジナルキャラクター“ミドすけ”も登場し、大会を応援。もう一つのプロ野球は1つの節目を迎えたと同時に、新たな歴史を刻んだ。

取材・文 / スポーツブル 編集部

___

一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントが共同で開催するプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」(略称:「SMBC e日本シリーズ2018-19」)が2019年1月12日(土)14時〜東京ビッグサイトにて開催。

eペナントレース、eリーグ代表決定戦を勝ち抜いたセントラル・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズと、パシフィック・リーグ代表の埼玉西武ライオンズが、初代日本一の座をかけて対決する。「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」は、「スポーツブル」内の「eスポーツ」ページで無料ライブ配信。もう一つのプロ野球、eBASEBALL初代日本一決定の瞬間をスポブルで目撃しよう。

伊藤健司氏(株式会社三井住友銀行) e日本シリーズ開催へ熱きメッセージを贈った