『現代用語の基礎知識』(自由国民社)が選ぶ「2018ユーキャン新語・流行語大賞」が、12月3日に発表された。

 年間大賞には、2月の平昌五輪で銅メダルを獲得し、日本中を沸かせたカーリング女子代表のロコ・ソラーレが、競技中に選手同士がコミュニケーションを取る際に使用していた「そだねー」が選出された。



流行語大賞の受賞式に出席したロコ・ソラーレの本橋麻里

「(大迫)半端ないって」「金足農旋風」など、サッカーW杯や高校野球といったメジャースポーツで話題となった流行語を抑えての受賞に、チームを代表して授賞式に登壇した本橋麻里は、「カーリングという競技が(世の中に)広がるのはうれしいこと」と、喜びのコメントを口にした。

 スキップの藤澤五月も、今回の受賞を喜んでこう語った。

「オリンピックが2月だったので、『みんな、まだ覚えていてくれているのかな……』と思っていたのですが、(忘れられずに受賞できて)よかったです。それだけ、多くの人がカーリングに興味を持ってくれてうれしい」

 チームは、2018-2019シーズンの真っ只中にある。11月には、平昌五輪の舞台でもあった韓国・江陵市の江陵カーリングセンターで開催されたパシフィック・アジア選手権に出場し、準優勝で大会を終えた。

 その後、日本に帰国。11月末から12月の頭にかけて、札幌で合宿を張った。

「今までもそうだったように、私たちが大きく成長できたのは、大事な試合で負けたあと。チームとしての取り組みを、一層考えていきたい」

 サードの吉田知那美がそう語るように、合宿中は男子日本代表のコンサドーレ札幌とも練習試合を行なうなど、氷上での調整を精力的にこなした。それと並行して、合宿中には栄養士を招いて、補給食などについての講座を受講。アイス外での強化にも力を入れていた。

 札幌合宿を打ち上げると、チームはそのまま、12月5日(現地時間)からアメリカのネブラスカ州オマハで開催されるW杯のセカンドレグに出場するため、新千歳から羽田を経由してアメリカへ飛んだ。

 W杯セカンドレグを戦ったあと、翌週はカナダのニューファンドランド・ラブラドール州に移動。コンセプション・ベイ・サウスで行なわれるワールドツアーのグランドスラム・タイトル『BOOTS NATIONAL』に挑む。

 五輪シーズンの昨季とは、違った意味でタフなスケジュールをこなすことになるが、チームの雰囲気は明るい。

 藤澤は昨シーズンの終わりから、「世界一になってみたいと思うようになった」と口にする。つまりそれは、頂点までの距離が、身をもって測れている実感があるからだろう。

 ちなみに、流行語大賞で「そだねー」とともにノミネートされていた「もぐもぐタイム」の補給食だが、パシフィック・アジア選手権ではリンゴだった。今回の海外遠征でも、現地で果物を調達する予定だ。

「あと、最近はトレーナーさんと相談して、栄養士さんの意見なども聞きながら、プロテインを摂るようにしています。糖質と脂質が少ないプロテインバーがあればいいんですけど、そういうものがないか、今は模索中です」(吉田知)

 いよいよ世界のトップへ。アイス内外で、ロコ・ソラーレの準備は着々と進んでいる。