AFC南地区

ヒューストン・テキサンズ6勝3敗

第5週カウボーイズ○19対16

第6週ビルズ○20対13

第7週ジャガーズ○20対7

第8週ドルフィンズ○42対23

第9週ブロンコス○19対17

開幕3連敗ののち、6連勝で地区首位。WRディアンドレ・ホプキンズは63捕球894ヤード7TDと第8週の時点ではキャリア最高の成績。

「彼はどのQBでもチームにほしい選手。ビッグプレーの起こせる場所に必ずいるのは本当にありがたいこと」

QBデショーン・ワトソンが最も信頼を置いている存在だ。

テネシー・タイタンズ4勝4敗

第5週@ビルズ●12対13

第6週レイブンズ●20対13

第7週@チャージャース●19対20

第8週bye

第9週@カウボーイズ○28対14

攻撃が得点力29位と苦戦する一方で守備は失点がリーグ最小。バイウィーク明けのカウボーイズ戦では28 得点と攻撃も再建の兆しが見えてきた。

ジャクソンビル・ジャガーズ3勝5敗

第5週@チーフス●14対30

第6週@カウボーイズ●7対40

第7週テキサンズ●7対20

第8週イーグルス●18対24

第9週bye

第5週以降平均11.25点しか得点できず4連敗。QBブレイク・ボートルズの代わりのQBをトレードで獲得しようとした噂も流れた。パス守備は1位とAFCチャンピオンシップに勝ち進んだ昨季と同様好調だ。

インディアナポリス・コルツ3勝5敗

第5週@ペイトリオッツ●24対38

第6週@ジェッツ●34対42

第7週ビルズ○37対35

第8週@レイダース○42対28

第9週bye

2連勝を挙げているが、相手は1勝7敗のレイダースと2勝7敗のビルズ。真価を問われるのはバイウィーク明けのジャガーズ戦だ。

AFC西地区

カンザスシティ・チーフス8

勝1敗

第5週ジャガーズ○30対14

第6週@ペイトリオッツ●40対43

第7週ベンガルズ○45対10

第8週ブロンコス○30対23

第9週@ブラウンズ○37対21

ペイトリオッツ相手に今季初の敗戦。全勝ではなくなったが、得点力は1位を維持している。QBパトリック・マホームズは317投210回成功2901ヤード29TDで、獲得ヤードとTD数でリーグトップだ。

ロサンゼルス・チャージャース6勝2敗

第5週レイダース○26対10

第6週@ブラウンズ○38対14

第7週タイタンズ○20対19

第8週bye

第9週@シーホークス○25対17

QBフィリップ・リバースはシーホークス戦で200試合連続で先発。200試合以上連続で先発したQBはブレット・ファーブ、イーライ・マニング、ペイトン・マニングの3人のみだ。チームは5連勝と勢いに乗っているため、あとは第1週から負傷欠場しているDEジョーイ・ボサが復帰すれば完璧だ。

デンバー・ブロンコス3勝6

第5週@ジェッツ●16対34

第6週ラムズ●20対23

第7週@カーディナルズ○45対10

第8週チーフス●23対30

第9週テキサンズ●19対17

ラムズ、チーフスと強敵相手にワンポゼッション差の好試合を演じてはいるが、6連敗。

オークランド・レイダース1勝7敗

第5週@チャージャース●10対26

第6週シーホークス●3対27

第7週bye

第8週コルツ●28対42

第9週@49ナーズ●3対34

ジョン・グルーデンHCはシーズン直前に放出したカリル・マックに加え、WRアマリ・クーパーも放出し、攻守の中心選手をどちらも手放した。今季はもう諦めたのだろう。