「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

高橋 拓巳 たかはし・たくみ
前橋育英→桐蔭横浜大→日本生命
投手・左投左打・176センチ75キロ
1994年6月20日生(24歳)

 

 左打者・右打者問わず内外角低めを突く最速148キロストレートと、カットボール・スライダー・チェンジアップ・カーブ・フォーク・ツーシームと6種類の変化球を自在に操る左腕。群馬県沼田市同郷・小中高の2年後輩には髙橋 光成(埼玉西武)、桐蔭横浜大の同期に齋藤 友貴哉(Honda)がいる。

 そんな高橋は沼田市立利根東小4年時に軟式・利根ジュニアで野球を始め、沼田市立利根中でも軟式野球部に所属し2年時に投手へ転向。前橋育英では1年秋から投手陣に名を連ね、関東大会ベスト8入り。同校初の甲子園出場となった2011年センバツでは三好 匠(東北楽天)らがいた九州国際大付(福岡)相手に先発マウンドを踏んだ。

 桐蔭横浜大では入学直後から上級生相手の打撃投手を志願した結果、格段に制球力が向上。1年秋から登板機会を得ると2年からは主戦となり神奈川大学リーグ通算44試合登板で21勝8敗・通算防御率1.63と圧倒的な数字を残し4年春には大学選手権にも出場。優勝した中京学院大に初戦で敗れたが6回3分の1を投げ自責点3とクオリティーピッチングはクリアした。

 日本生命では1年目の都市対抗で社会人二大大会デビューすると、日本選手権ではリリーバーとして4試合に登板し15回13奪三振1失点。3勝をあげて敢闘賞を獲得し、チームの準優勝にも大きく貢献した。そして今年、チームは都市対抗出場を逃したものの、大阪ガスの補強選手に選出された高橋は、ここでもリリーバーとして4試合に登板。8回3分の1を投げて無失点と大阪ガス・都市対抗初優勝の文字通り「助っ人」となった。なお、侍ジャパン社会人代表として参加したアジア大会でも、全員がプロの韓国戦で2試合計3回無失点と実戦力の高さを示している。

 左腕の利点を活かしつつ相手の心理を読める剛柔兼ね備えた組み立てができる高橋は、ドラフト候補左腕を見渡しても即戦力筆頭格。プロ野球最高ホールド数を保持する宮西 尚生(北海道日本ハム)のような息の長い活躍に期待したい。

TBSテレビ「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」番組公式サイト
http://www.tbs.co.jp/baseball-draft/