厳しい暑さの中、ボート競技決勝が行われました。

 

女子シングルスカル決勝。

500mライン通過時点で

文教学院大学女子高校郡選手が1位通過。

追いかける浜松西高校田口選手との差はわずか0.06秒。

後半、浜松西田口選手がトップに立ち、そのままフィニッシュ。

浜松西が優勝しました。

 

男子シングルスカル決勝には、地元愛知県猿投農林高校、阿部選手が登場。

その阿部選手は500mラインを2位で通過。

トップを走る会津高校門馬選手を追いかけますが、

1.38秒差で門馬選手がそのままフィニッシュラインを通過。

会津高校が優勝しました。

 

続く女子ダブルスカル決勝。

500mをトップで通過した福井県美方高校。

後半もリードを広げ、3.99秒差で美方高校の優勝を果たしました。

 

男子ダブルスカル決勝。

500mをトップで通過したのは静岡県浜松湖南高校。

しかし後半、鳥取県米子東高校が追い上げを見せフィニッシュラインへ。

米子東の優勝しました。

 

女子舵手つきクォドルプル決勝。

福井県美方高校が500mをトップで通過。

石巻高校、浦和第一女子高校が続きますが、

後半、美方高校が後続との差を広げ、

2位に4秒以上の差をつけて、美方高校が優勝。

 

続く男子舵手つきクォドルプル決勝。

トップを争う埼玉県越谷高校と美方高校。

500mトップ通過の越谷と2位通過の美方の差はわずか0.69秒。

後半、美方高校がリード。越谷との差を1.82秒に広げ、フィニッシュ。

美方高校は選抜に続き、男女ともに2冠達成を果たしました。