パワプロ2018、この夏も全国各地で熱いですね〜。

ここまで有名なゲームソフトだと、もはやゲームというカテゴリーを通り越して全国的な娯楽、もしくは遊具のようなものでしょうね。先日、地下鉄で隣に座っていた20代の会社員らしき男性が、パワプロをガチプレーしていらっしゃいました。

さらにさらに、会社員風男性の20代さん。パワプロ対戦中に「バーチャル高校野球」をチラ見されていました。車内で、思わず挨拶をしそうになるところをグっと我慢した編集部スージーです。

突然ですがこの夏、筆者スージーは「自由研究」を始めております。

自由研究のテーマは「オールスポーツ」。「スポーツ」と名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する「編集部スージーの自由研究室」を立ち上げました。スポブルで24時間配信中の本格スポーツニュースの箸休めとして、よろしかったらポチッと遊びに来て頂ければ嬉しいです。

ということで、「編集部スージーの自由研究」第二回目のテーマは、こちら。

 

「e(イー)スポーツ」

 

このキーワードをご存知ですか?

「eスポーツ」の「e(イー)」とは、「エレクトリック」の「e(イー)」。めちゃくちゃざっくり言うと「ゲームの大会」で「最強ゲーマー達」が「競い合う光景」を総称して「eスポーツ」、みたいな感じでしょうか。

世界では「プロゲーマー」として活動する「e(イー)アスリート」も多く、海外では市場規模もビッグサイズ。とあるリサーチによると、世界のeスポーツの人口は、約1億3,000万人とのこと。

 

突然ですが、こちらのeアスリートの横顔をご存知でしょうか。

撮影協力/スタジオアウパ

このお方とは、eアスリートのマエピー選手。

先日、記者会見でお目にかかりました。

このマエピー選手のようにe-アスリートたちは、大会に向け相当な時間とエネルギーを費やして練習に励むことはもちろん、集中力・思考力・瞬発力などのマルチな能力が求められます。

さらにさらに。

国体の競技にeスポーツが登場したり、五輪種目の検討が始まったりと、慌ただしく世代交代の波が押し寄せるeスポーツシーン。2019年秋に開催される茨城国体の文化プログラムとして導入されるというニュースには、筆者スージーも大変驚きました(・〜・)

しかも、茨城国体の競技プログラムには、お茶の間でおなじみのウイイレちゃんが採用。あの大人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」が国体競技になるとは、まぁ凄い時代ですね。

ちなみにeスポーツは、この夏開催されるジャカルタ・アジア大会で公開競技として実施され、中国・杭州で行われる2022年大会では正式競技に加わるんです。

この世界的規模を受けて、IOC(国際オリンピック委員会)が、オリンピック種目として検討を始めたという気になる噂もあります。

 

かつて筆者スージーは、ラジオ大阪さんという老舗AMラジオ局で放送されていた『飯塚雅弓のMEGA-TONスマイル※』の大人気コーナー「つかちゃん&くらちゃん 電撃ブラザースのゲームの常識」の番組ディレクターを担当していた繋がりもありまして。

個人的には、ゲーム業界には親しみを覚えてしまいますし、ゲームとスポーツとの融合には勝手に感動をしてしまいます。

※スージーは、ラジオ大阪さんの『飯塚雅弓のMEGA-TONスマイル※』の2代目ADで、当時のメガスマスタジオで放送作家の諏訪さんから採用ハガキを預かり、徹夜でメガスマステッカーを発送していた経験もあります(いらない情報)。

※(いいづかまゆみのめがとんすまいる)は、1998年10月10日から2004年9月26日まで、ラジオ大阪で放送された人気声優飯塚雅弓さんによるラジオ番組のこと。

 

さてさて。

そんな話題のeスポーツ、この夏に新たな動きがありました。

 

それは!!

 

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開幕⚾️

公式サイト https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

そんなある日、スポブル勤務のプログラマー・リョウタさんから一通のメールが到着。

 

「スージーさん、KONAMI​さんでeスポーツ記者会見がありますよ。しかも、野球関連ですし。一緒に行きませんか?」

 

むむ?

KONAMIさんといえば、ゲームソフト大手企業ですぞ。

仕事仲間のMacBook Proを抱えて、いざ、記者会見場へGO!(ノリノリ)

 

2018年春には、e J.LEAGUE開幕で話題を集めたKONAMIさん。数ヶ月後の夏にパワプロの発表とは、やっぱり凄いですよね。そんなこんなで、筆者スージーはKONAMIさんの本社がある六本木の記者会見場へ。

 

会見場は、凄い報道陣とメディアの数(゚o゚;;

 

 

会見の様子とプレスリリースの内容は研究室に持ち帰ることにして、兎にも角にもeスポーツの凄さと野球界の新たな進化に圧倒されたまま、スージーは六本木を後にしました汗💦

記者会見の迫力と大興奮のままAmazonさんで、eスポーツのムック本を注文し、現在eアスリートさんを猛勉強中。

 

猛勉強の結果を受け、我がスポブルでも「アスリート」という視点に特化して、独自のe-スポーツ記事を随時公開するべく、スージーは「スポブルeスポーツ」研究部なるものを立ち上げました。

eスポーツに携わる全ての皆さま、そしてeスポーツファン、サポーターの皆さま。新参者のスポーツブルではありますが、体育会精神で一生懸命にeスポーツを盛り上げますので、ポチッと記事クリックとアプリインストールをよろしくお願い致します。

 

ちなみに、我がスポーツブルでも、eスポーツ情報は「野球」ページや「話題の投稿」「その他競技」ページで随時配信されていますので、そちらもご覧くださいね。

 

編集部スージーの自由研究は、まだまだ続きます。

 

取材・文/スポブル編集部 スージー

 

スージーのつぶやき:eアスリートのマエピー選手のTwitterは、激アツです。秋のドラフトの指名状況も気になりますね。

____

「編集部スージーの自由研究」とは?

テーマを「オールスポーツ」に設定し、毎回スポーツと名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する研究室。スージーは、東京都渋谷区のスポーツブル編集部に勤務中。現在は、「スポブル」内の「地域」「サッカー」ページで、J.LEAGUE関連記事「Jの部屋」取材&コラムを担当中。本名は、鈴木といたって普通の日本人。スージーの由来は遥か昔、FMラジオ局でAD見習い時代に外国人のDJさん達が「スズキ、ニホンゴヤヤコシイ。ユーアー、スージー!」と突如命名されたもの。最近はまっている食べ物は、冷たいわらび餅(いらない情報)。

___

 

【過去の自由研究】

編集部スージーの自由研究その1 〜スポーツアンカー田中大貴さん編〜

____

ここで、告知番長スージーからお知らせです。

2018年8月3日(金)昼12時公開、スポーツアンカー田中大貴さんの野球愛満載スペシャルインタビュー動画「CRAZY ATHLETE 斎藤佑樹選手VOL.1(甲子園特集)」が「スポーツブル」の「特集」ページで無料配信されます。

スペシャルインタビュー動画「CRAZY ATHLETE 斎藤佑樹選手VOL.1」は、8月の公開に向け現在製作中。パワプロユーザーの皆さまも、野球ファンの皆さまも是非是非ご覧くださいね。