アスリートには見るものを引きつける〈迫力〉が宿る。
その顔に、背中に、腕に、足に、指先に。
ならば彼らの紡ぐ言葉にも〈迫力〉が生まれるはずだ。

ラリーズではこれまで多くの卓球選手に密着。卓球との出会いから、最初に掴んだ成功、直面した挫折やそこから復活まで苦闘など、濃密な半生を深掘りしてきた。
彼らの言葉は年齢や性別、職種を超えて、多くの人の心を打つだろう。

今一度、感じてほしい。〈卓球人たちの思い〉を。
ラリーズではビジュアルで振り返る〈Photo Story〉コンテンツを定期連載します。


文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭