6月2~3日に行われたボルダリングW杯2018第5戦 八王子大会。女子優勝は、野中生萌の追い上げを僅差でかわし、W杯通算21度目の金メダル獲得となった野口啓代。男子では、最終課題の大逆転で暫定首位に躍り出た楢崎智亜を、見事なパフォーマンスで再逆転したガブリエーレ・モローニ(イタリア)がW杯初の頂点に輝いている。本記事では、熱戦が繰り広げられた決勝の模様を写真で振り返る。


















































































CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮