慶大が法大に先制を許すも、5回に5点を奪って逆転し、6対3で1回戦を制した。慶大は開幕3連勝、法大は1分けを挟んで開幕3連敗となった。

この試合のハイライト動画はこちら!

 慶大は3回に4安打を浴びて3点を失う。だが4回から2番手としてマウンドに上がった左腕・高橋佑樹投手(3年・川越東)が相手の流れを断ち切って良い流れをもたらすと、5回に相手のミスを逃さずたたみ掛けた。
 四球と野選、小原和樹内野手(3年・盛岡三)の安打で無死満塁のチャンスを作る。すると、河合大樹外野手(4年・関西学院)のセンター前安打で2点を返す。さらにセンターのエラーもあり、二、三塁に走者が進み、打席には4番・郡司裕也捕手(3年・仙台育英)が入った。
 ここで郡司は「相手は外角低めの変化球で抑えたいと思っていたはずですが、大久保監督から“スライダーが抜けてくるぞ”と言われていたので」と、読み通りの甘く入ったスライダーをレフトフェンスまで運んだ。この二塁打で同点・逆転の走者が生還した。
 これで法大のドラフト候補右腕・菅野秀哉投手(4年・小高工)をノックアウトした慶大はさらに、嶋田翔内野手(2年・樹徳)のタイムリーでこの回5点を奪った。さらに7回には嶋田がレフトスタンドに飛び込む本塁打を放って、ダメ押しした。
 開幕3連勝に大久保秀昭監督は「(全体的に)できすぎです。4点目を与えなかったのが大きかったです」と、3回にスクイズを防いだ場面を挙げ、ホッとした表情を見せた。

「郡司には打って守って走れるリーグを代表する捕手、日本代表に入る捕手になってほしい」と大久保秀昭監督の期待も高い郡司

★慶應義塾大vs法政大1回戦
慶大 000050100=6
法大 003000000=3
【慶】高橋亮、○高橋佑、石井—郡司
【法】●菅野、石川、三浦、朝山−中村浩、鎌倉
本塁打:慶大・嶋田(7回ソロ)

4回から3イニングを無失点に抑えた高橋佑樹が今季初勝利を挙げた

文・写真=高木遊