決勝の勝ち越し適時打を放った柳町

これ以上のない戦いぶりで初戦を制し、勝ち点1を目指した慶大。初回に内田蓮(総4・三重)の押し出しの四球で先制する。4回に追いつかれたが、直後の5回に柳町達(商3・慶應)、嶋田翔(環2・樹徳)、中村健人(環3・中京大中京)のタイムリーで3点を勝ち越す。8回には期待の新戦力の正木智也(政1・慶應)が大学初ヒットとなるタイムリーツーベースで点差を広げる。一方の投手陣は津留﨑大成(商3・慶應)が7回1失点で11奪三振の好投し、続く髙橋佑樹(環3・川越東)と石井雄也(商3・慶應志木)が相手打線を完璧に抑え込み、申し分のない投球リレーだった。

好守を見せた瀬戸西

初回から試合が動く。慶大は初スタメンの小原和樹(環3・盛岡三)のレフト前ヒットと柳町のデッドボールで1死一・二塁のチャンスを作る。迎えた4番の郡司裕也(環3・仙台育英)はサードゴロを打つが、サードの送球がセカンドに間に合わず。満塁となって、前の試合で2安打を放った嶋田に打席がまわるが、ここは空振り三振。しかし、続く内田蓮が冷静に四球を選び、押し出しで2試合続けて慶大が先制点を挙げる。続く7番の中村は高めのストレートを捉え、右中間に鋭い打球を放つが、相手のライト杉本の好プレーに阻まれ、スリーアウト。3者残塁で追加点を奪えずにこの回攻撃が終了する。

3者連続三振で存在感を見せた髙橋佑

慶大のマウンドに上がったのは津留﨑。9球で相手打線を三者凡退に抑えると、3回で4奪三振と上々の立ち上がりを見せる。しかし、4回裏、テンポよくアウトを2つ奪うも、四球でランナーを一人出すと、岡俊と新堀の連続ヒットで1点を奪われ、同点に。しかし、打線はすぐさま反撃する。5回表、先頭バッターの河合大樹(総4・関西学院)が運良くエラーで出塁すると、1死・二塁の場面で3番の柳町が東大先発・小林の高めの変化球をセンター前に返し、再びリードを奪う。さらに、5番の嶋田のレフトの頭上を越える適時二塁打で1点を追加すると、7番の中村もタイムリー。リードを3点に広げた。

津留崎は「思ったような投球ができなかった」と投球を振り返ったが、7回を投げて11奪三振1失点の好投を披露した。8回表、慶大は1死・二塁のチャンスで8番の津留崎に代わって正木を送る。正木はノースリーからの4球目、高めのストレートを振りぬくと、フェンス直撃の適時二塁打。記念すべき初ヒットを「ちょっと先に当たった」と振り返ったものの、持ち前のパワーを神宮の観客に見せつけた。その裏から高橋佑が登板し、三者連続三振で相手打線を完璧に抑えると、9回を3番手・石井も三人できっちり抑え、ゲームセット。まず勝ち点1をがっちり獲得した。
あわやホームランという大学初ヒットを放った正木

初戦を15-0で制し、2回戦も5-1で勝利と、最高の滑り出しを切った慶大。この2試合を通して、新人選手の活躍が目立った。今日も代走で出場した橋本典之(環1・出雲)、出場はなかったがベンチから声で存在感を出した福井章吾(環1・大阪桐蔭)は昨日初ヒットを記録。そして正木も初ヒットをマークした。レギュラー争いにも参戦しようかという彼らの今後の活躍も楽しみである。だが冷静に振り返ってみると今日はチャンスを作りながらも、大量得点に結びつけなかった。そんなちょっとすっきりしない勝利から、選手はそれぞれ課題を見つけたようだ。長い春のシーズンは始まったばかりで、確かに未だ課題は多い。兜の緒を締めなおし、さらに強くなった姿で次の法大戦に臨みたい。

記事:萬代理人 写真:尾崎崚登