平昌五輪の日本女子カーリング代表、ロコ・ソラーレ北見(以下、LS北見)が、4月10日(日本時間4月11日)にカナダ・トロントで開幕したワールドカーリングツアー(以下、WCT)のプレーヤーズ・チャンピオンシップに出場している。

 これは「グランドスラム」と呼ばれる、WCTの最高峰のタイトルのひとつだ。ランキング上位チームに加え、そのシーズンの国際大会などで実績を残した計12チームが招待されて頂点を競う。

 今回は、平昌五輪の上位4チーム(スウェーデン、韓国、日本、イギリス)に、カナダ、アメリカ、スイスの代表チームなどが名を連ねている。日本勢が同大会に参加するのは、LS北見が史上初となる。


五輪で銅メダルを獲得したLS北見が再び

「世界」に挑む

 平昌五輪で銅メダルを獲得した翌朝の会見で、リードの吉田夕梨花が次なる目標として「まだ、グランドスラムがある」とすかさず口にし、帰国後も周囲のフィーバーに浮かれることなく、メンバーの誰もが「まだ、シーズン中だから」と繰り返し言い続けてきたように、カーリング界における同大会の競技レベル、さらにはタイトルの重みは、五輪にもまったく引けを取らない。

 むしろ、本場カナダのアイスとオーディエンスという舞台設定からすれば、その盛り上がりは五輪以上かもしれない。その分、白熱した展開が繰り広げられ、ハイレベルな好ゲームが見られることは間違いない。

 参加12チームが2グループに分かれて行なわれる総当たりの予選リーグで、LS北見はプールBに入った。WCTランキング7位のチームCarey(カナダ)、平昌五輪金メダルのスウェーデン代表(チームHasselborg)や、同7位のスイス代表(チームTirinzoni)らと戦って、上位3チームに入ればプレーオフ(決勝ラウンド)に駒を進める。

 LS北見は、4月7日に日本を出発。すでに現地での調整を終えて大会に臨む。

 今回は日本代表ではなく、クラブとしての参加だが、「グランドスラムに出るのがずっと目標だった」と藤澤五月。今季のクライマックスを飾るにふさわしいゲームを見せてくれるのではないだろうか。

 さらに、LS北見はこのあと、カルガリーに移動。こちらも「グランドスラム」のタイトルとなる、チャンピオンズ・カップ(現地時間4月24日~29日)にも出場する。

 ただ、同時期にミックスダブルスの世界選手権(4月21日~28日)が行なわれるため、そちらに日本代表として出場する藤澤は、プレーヤーズ・チャンピオンシップが終わり次第、チームを離れて開催地のスウェーデンに向かう。

 藤澤の穴を埋めるのは、今季は裏方としてメンバーを支えてきたチーム創設者の本橋麻里だ。実戦は昨年末の軽井沢国際以来、およそ4カ月ぶりとなるが、「(試合に)出るだけでなく、しっかり目標を決めて臨みたい」と意欲を見せる本橋。きちんと結果を求めてアイスに乗る構えだ。

 併せて、チャンピオンズ・カップではポジションも変更されそうだ。吉田夕と鈴木夕湖のフロントエンドはそのままだが、サードに本橋、スキップに吉田知那美が入ると出発前にメディアの前で明言した。

 2010年の日本ジュニア選手権以来、約8年ぶりにスキップを務めるという吉田知は、「勝っても、負けても大収穫だから、楽しみながらがんばります」と独特の言い回しで意気込みを語った。

 LS北見は、来季のチーム構成については「5月の代表決定戦(vs富士急)が終わってから、チームでゆっくり考えます」と、それぞれの去就はいまだ明かしてしない。ともあれ、ツアークライマックスの2大会でのパフォーマンスや結果が、来季、さらには4年後に向けて、チームのさらなる糧となることは間違いない。